当社独自の教育プログラムの実施、就業体験も

株式会社セキド(本社・東京都渋谷区、社長・関戸正実、証券コード:9878)は9月、上海商学院より2名の大学生インターンを受け入れ、半月間にわたりブランドショップ「GINZA LoveLove」での就業体験をはじめとする当社独自の教育プログラムを実施いたしました。





実施の背景・概要
セキドは、ブランドショップ「GINZA LoveLove」を全国に14店舗展開しております。先日新幹線教育グループ、上海商学院、北方黄金珠宝学院と業務提携をし、日本で働きたい優秀な中国人スタッフをさらに増やしていきたいと考えています。
この度のインターンは、2019年3月に協定を締結いたしました上海商学院から、日本の小売業界を志望する現役大学生2名を受け入れ、8月下旬から9月上旬までの半月にわたり、当社店舗「GINZALoveLove」での販売体験、本社での商品・販促研修およびファッションの市場調査体験などの当社独自の教育プログラムを実施いたしました。
日本滞在中は、当社店舗での販売体験だけでなく、日本の社会環境・経済・文化を幅広く体感していただき、当社社員が滞在中のガイダンスを行うことで、日本に対しての「あこがれ」がより明確で具体的な就業意欲となるようサポートいたしました。
なお、今回受け入れた2名の大学生は、日本語能力試験N1~N2に合格しており、幅広い場面で使われる日本語を理解するスキルを有しております。



今後の展望
 当社では、インバウンド需要への対応といった短期的・即物的なものに限らず、長期的に海外からの優秀な人材採用・教育につながることをミッションとしてまいります。優秀な人材を採用できる仕組みづくりをしていくとともに、社員の労働環境だけではなく、生活環境もより良くしてまいります。
 また、インターンに参加された上海商学院の大学生については、卒業後の進路についてセキド入社を希望すれば入社試験を受けてもらい、それ以外の業界を希望すれば自社以外の業界も紹介することも視野に入れ、日本で働きたい優秀な中国人が安心して日本で働ける環境づくりを進めてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ