みな実、ぱるるもそうだった。桐谷美玲だけじゃない「体重30キロ台」のスレンダー芸能人に世間が騒ぐ理由 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

みな実、ぱるるもそうだった。桐谷美玲だけじゃない「体重30キロ台」のスレンダー芸能人に世間が騒ぐ理由

「体重30キロ台」は女性芸能人が「特別」であるための維持装置

■重さを表現する際の「単位」にも使われる痩せ姫たち

2019年9月、パリでオープンしたディオールのオープニングパーティーに出席した桐谷美玲/写真:REX/アフロ

 現在、BS朝日で99年制作のドラマ「可愛いだけじゃダメかしら?」(テレビ朝日系)が再放送中だ。主演は榎本加奈子。ネットでは、その細さに改めて驚くという声が目立つ。
 ちなみに、当時の公称データでは157センチ37キロ。「笑っていいとも!」(フジテレビ系)ではタモリに「細いね、32キロくらい?」などと指摘され「もうちょっとありますよ」と返していた。また「週刊文春」でも「昔から変わっていない」と語っていたが――。ドラマ「家なき子2」(日本テレビ系)で世に出たときに比べたら、当時は明らかに痩せていた。タモリといえば、芸能界きっての体型フェチだし、体重30キロ台20キロ台の「痩せ姫」を見慣れている筆者から見ても、その指摘はかなり正確だったように思う。
 ともかく、彼女はその体型でこの作品以外にも「おそるべしっ!!! 音無可憐さん」(テレビ朝日系)「P.A. プライベートアクトレス」(日本テレビ系)などに主演。多くのグラビアやCMもこなしていた。同じ世代には他に、宝生舞やともさかりえもいて、スレンダー芸能人が花盛りだったものだ。

 ただ、こういう存在はいつの時代にもいる。その際、キーワードとなるのが「30キロ台」の体重だ。浅丘ルリ子(156センチ35キロ)にあべ静江(158センチ38キロ)松本伊代(156センチ38キロ)。特に浅丘にいたっては、小錦のような巨漢力士のすごさを説明するとき「浅丘ルリ子8人分」などというかたちでその数字が使われたりしていた。東京ドーム何個分などと同じ扱いである。
 近年では、桐谷美玲や河北麻友子のように、160センチ以上の身長で体重が30キロ台という人たちも出現。桐谷は先日、第一子を出産したことでも「あの体型で⁉」と話題になった。
 しかし、芸能人の体重は90年代あたりから、あまり公表されなくなっていく。プロフィールの体型データでは身長とスリーサイズ、あるいは身長だけが記載されることが増え、体重の具体的な数字を知る機会は減ってしまった。
 それでも、テレビやネットで本人が体重を公開することがちょくちょくある。最近では、元AKB48の島崎遙香がYouTubeに自身のダイエット解説動画を投稿。そこでデビュー前から現在までの体重変化も明かした。AKBに入ったときと数年前に激痩せが騒がれたときは、ともに38キロ(公称身長は159センチ)だったという。

 また、元モーニング娘。の尾形春水もYouTubeで過去の体重を告白。徹底したダイエットで35キロ(身長158センチ)まで痩せた経験を語り尽くした。
 テレビで公表したのは田中みな実で、数年前の失恋を振り返り「あのとき34キロくらいになった」と発言(身長153センチ)。
 他にも、STU48の榊美優がツイッターで42キロから36キロ(身長151センチ)までダイエットした過去をつぶやいた。

 以上はすべて今年に入ってからの出来事だが、ここでもキーワードは「30キロ台」だ。というか、こうしたかたちで体重公開をする芸能人の過半数が、その時点で30キロ台、もしくは以前に30キロ台だったというケースなのである。
 AKB系では、高橋みなみ(148.5センチ37キロ)に板野友美(154センチ37キロ)石田晴香(153センチ36キロ)。坂道系でも、身長163センチの橋本奈々未が一時期、30キロ台だったという。それ以外だと、小倉優子(162センチ38キロ)に水原希子(168センチ36キロ)中島美嘉(160センチ35キロ)蒼井優(160センチ36キロ)。さらには、広末涼子のように「仕事をやめたくてわざと15キロ太り、52キロになった」と語ったことで、一時は37キロ(身長161センチ)だったことがわかったパターンもある。また、工藤静香は「痩せてたときより10キロ太った」と明かしたことがあり、それでも50キロ以上には見えないことから、一時は30キロ台(身長161センチ)だったのだなと推測できたりした。

次のページ過剰なGo To ダイエットは自己責任で行うもの

KEYWORDS:

『痩せ姫 生きづらさの果てに』(KKベストセラーズ)
宝泉 薫

オススメ記事

宝泉 薫

ほうせん かおる

1964年生まれ。主にテレビ・音楽、ダイエット・メンタルヘルスについて執筆。1995年に『ドキュメント摂食障害―明日の私を見つめて』(時事通信社・加藤秀樹名義)を出版する。2016年には『痩せ姫 生きづらさの果てに』(KKベストセラーズ)が話題に。近刊に『あのアイドルがなぜヌードに』(文春ムック)『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、最新刊に『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ)がある。ツイッターは、@fuji507で更新中。 


この著者の記事一覧