BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

全国初、国立公園内のキャンプ場にフィンランド式サウナがオープン!

~サウナ専門メディアがプロデュース、本場フィンランド大使館員も大満足~

一向平キャンプ場(本社:鳥取県琴浦町)では、サウナ専門メディア「サウナタイム」の監修による本格的なフィンランド式サウナ「Nature Sauna」を2020年10月22日オープン。開業に先立ち行われた竣工式には地元関係者のみならずフィンランド大使館商務部、フィンランド政府観光局からも参列。大山隠岐国立公園の豊かな自然を満喫できる新スポットとしてサウナーとキャンパーの両方から注目を集めています。




■キャンプ場にサウナ、誕生の背景





一向平(いっこうがなる)キャンプ場は山陰の名峰・大山(だいせん)の登山口に開かれたキャンプ場で、今年から新会社に運営変更し6月にリニューアルオープン。キャンプ以外も利用できるサウナ室の新設は当初より予定されていたもので、プロデュースは日本最大級サウナ専門クチコミメディア「サウナタイム」代表の瀬尾圭太氏。その提案は、恵まれた自然条件を生かした本格的なフィンランド式サウナ。国立公園内のキャンプ場にフィンランド式サウナ室が常設されるのは全国でも初の試みです。


■フィンランド式サウナの特色とは





新しく誕生したNature Saunaでは、瀬尾氏の考える理想のサウナの3条件「居心地のいいサウナ室」「爽快な水風呂」「穏やかな外気浴」が実現。静かで落ち着いた空間で、本場フィンランドと同じ、自分でサウナストーンに水をかけるセルフロウリュを。サウナ後は大山の天然水かけ流し水風呂でクールダウン。そして木々に包まれる外気浴でゆっくりと体を休めます。オープンセレモニーで実際に体験したフィンランド大使館員のノーラさんも「本国のものと比べて遜色ない気持ちよさ」と絶賛いただきました。



■アウトドアツーリズムで地域創生
 サウナの利用料金は、入場回数無制限で1名1000円というリーズナブルさ。歴史ある山岳リゾート、大山の自然の魅力を登山やキャンプ利用以外でも、より身近に体験いただけます。リニューアルオープン以降急増したキャンパーにとっても、通常は営業時間外の土曜夜・日曜朝の利用OKなどのメリットがあり、手ぶらキャンプ&手ぶらサウナが可能なプランなどビギナー向けのサービスも充実。キャンプ場の立地と施設を生かし、豊かな自然を守りながら新しいかたちで楽しむ提案は今後も続きます。

<オープニングキャンペーン>
2020年12月20日までに一向平キャンプ場を宿泊利用して、各種SNSおよびクチコミ投稿いただけるお客様に、チェックアウト時1000円のキャッシュバックを実施中


<施設情報>  
名称/一向平キャンプ場 Nature Sauna(ネイチャーサウナ)
住所/鳥取県東伯郡琴浦町野井倉688-130
電話/予約専用TEL.070-2161-3315(10:00~19:00/火曜定休)  
*サウナは事前予約不可、当日キャンプ場にて受付(10:00~17:00/火・水曜定休) 
*12/20~3/20冬季休業、貸切イベント等で利用不可の日程あり
交通/JR山陰本線浦安駅下車 タクシー約30分
【島根・米子方面より】米子自動車道米子東ICから琴浦東ICを降りて南に約20分
【岡山・大阪方面より】中国自動車道院庄ICを過ぎ、米子自動車道湯原ICを降りて国道313号を北上、関金宿より県道45号を西に約30分
駐車場/約80台(無料)

*サウナ利用の詳細については、一向平キャンプ場 公式ホームページでご確認ください。
https://tottori-camppark.jp/ikkoganaru/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ