BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【ルイ・ヴィトン】レア・セドゥ、ディーピカー・パードゥコーンらが 第75回カンヌ国際映画祭でルイ・ヴィトンを着用!


2022年5月17日(火)(現地時間)より開催中の、第75回 カンヌ国際映画祭での着用情報をお知らせいたします。



レア・セドゥ
映画『クライム・オブ・ザ・フューチャー(”Crimes Of The Future”)』のプレミア上映会にて。
サテンのストライプとシルバースパンコールのディテールが印象的な、カスタムメイドのレースガウンを着用。
ルイ・ヴィトンのハイジュエリー コレクションから、ホワイトゴールドにダイヤモンドとサファイアをあしらったリングとイヤリングを合わせて。


レア・セドゥ
映画『クライム・オブ・ザ・フューチャー(”Crimes Of The Future”)』のフォトコールにて。
ブラックのジャケットとショーツに、シルクシャツ、華やかなネクタイとパンプスをあわせてコーディネート。


レア・セドゥ
第75回カンヌ国際映画祭の周年記念式典で行われた、映画『イノセント(”The Innocent”)』の試写会にて。
ブラックのカスタムメイドガウンにベルベットのパンプスをあわせた装いで登場。
ルイ・ヴィトンのハイジュエリー コレクション「ブレイヴァリー」から、ホワイトゴールドにダイヤモンドとサファイアをあしらったリングとイヤリングをコーディネート。



ディーピカー・パードゥコーン
映画 “Decision To Leave”のプレミア上映会にて、全身にフェザーとスパンコールをほどこしたカスタムメイドのブラックガウンをまとって登場。


ノエミ・メルラン
映画『イノセント(”The Innocent”)』のフォトコールにて。
クロップドトップス、グラフィカルなプリントのパンツとローファーをあわせたルックで登場。


ノエミ・メルラン
第75回カンヌ国際映画祭の周年記念式典で行われた、映画『イノセント(”The Innocent”)』の試写会にて。
シルバーのスパンコールを散りばめたカスタムメイドのスカーフをベルトでウエストマークし、ベルベットのスカートとコーディネート。


マリーナ・フォイス
第75回カンヌ国際映画祭の周年記念式典で行われた、映画『イノセント(”The Innocent”)』の試写会にて。
メタリックシルバーの刺繍をほどこしたジャカードのトップスとスカートを着用。


アガト・ルセル
第75回カンヌ国際映画祭の周年記念式典で行われた、映画『イノセント(”The Innocent”)』の試写会にて。
カスタムメイドのサテンスリップドレスをまとって登場。


タハール・ラヒム
第75回カンヌ国際映画祭の周年記念式典で行われた、映画『イノセント(”The Innocent”)』の試写会にて。
白のウールスーツとレザーのローファーを着用。


(C)LOUIS VUITTON


【ルイ・ヴィトンについて】1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ&ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイト www.louisvuitton.com をご覧ください。


【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ