■油で揚げるひと工夫

 美味しい缶詰を食べると、たいがいは「これ、パスタに合わせたらウマいだろうな」と思ってしまう。種類は特に関係なくて、肉でも魚介でも総菜系でもよし。で、実際に合わせてみると、やっぱりウマいんであります。これ、何なのでしょうね? 日本の缶詰はパスタに合うように造られているのか(そんなはずない)。

 例えば、マルハニチロの「さばのトマト煮」という缶詰。品名からしてパスタと相性良さそうだし、同社の公式サイトでも「さばのトマトパスタ」というレシピを公開している。この缶詰はちょっと凝った製法で造られていて、さばを一度、衣を付けて油で揚げているのだ。

 おかげでさば特有の臭みが消え、トマトソースにきちんと馴染んでいるのであります。だから茹でたてパスタに絡めるだけでも美味しい。あとは塩を足したり、唐辛子で辛くするなど、自分好みの味に仕上げればいいだけ。便利至極なのですぞ。

マルハニチロ / さばのトマト煮 270円(税別)  (参考サイト  https://www.maruha-nichiro.co.jp/products/product?j=4901901586289)


※RECIPE!!
①缶詰の中身をボウルに入れておく
②茹でて湯切りしたパスタ(今回はペンネ)を❶のボウルに入れる。
③よく混ぜて塩を適宜加えれば缶成!