BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

シリーズ累計販売数4,500個突破!「eni」からリムプレートが新発売。円満のメッセージをこめた人気のうつわ

末広がりの八角形に円満のメッセージと軽さはそのまま、深さをプラス

日本のものづくりに特化したオンラインショップ「CRAFT STORE」を運営するニューワールド(東京・港区、代表・井手康博)は、ハレの日や記念日の贈り物として人気の「eni」シリーズから、新たに「eni Rim Plate」を発売いたしました。



商品概要



商品名:eni Rim Plate ホワイト
サイズ:直径約23cm 深さ約2cm
重さ :約300g
カラー:ホワイト
製造元:菊祥陶器(長崎県)
価格:3,080円(税込)~
商品URL:https://www.craft-store.jp/products/eni-rim-plate

人をつなぐ器「eni」



「eni」は縁起のよい形をモチーフにした、「CRAFT STORE」オリジナルのテーブルウェアシリーズ。
縁起のよい末広がりの八角形に、円(縁)を配した形は、デザイナーのYuki Ideが、大切な人の新たな門出への祝福と末永い幸せを祈る気持ちから生まれたもの。お祝いの贈り物としても、たくさんの方に想いを届けています。

「eni Rim Plate」が生まれたのは、お店でeni Plateを使っているシェフからの「汁気のあるパスタを盛れるような、深さのある器がほしい」という声がきっかけでした。 深さのある円形の立ち上がりに八角形のリム(ふち)を配したシンプルなデザインは、様々な料理に合わせてお使いいただけます。


広いリムは、言い換えれば「余白」。料理の印象を上品に演出してくれます。深さは2センチほどあり、カレーやシチューを盛り付けても美しく仕上がります。



eniに使われている素材は「かるがる陶土」と呼ばれる土。陶器と同じくらいの強度を保ちつつ、通常より20%ほど軽くできています。もちろん、食洗機・電子レンジの使用もできます。美しくあっても、使いやすさを犠牲にはしていません。


職人技の光る、マットな質感の波佐見焼



形もさることながら、ホワイトにさらりとマットな美しい質感が特徴的な「eni」シリーズ。製作を担当する菊祥陶器の職人・木下さんと何度も話し合い、何十回という試作を繰り返した末に実現することができたものです。「自分は作家ではなく職人。希望、要望をなんとか叶えるのが仕事」木下さんは、私たちにそう語ってくれました。一つひとつ、職人の皆さんによって手間と時間をかけて作られています。



2018年11月から発売を開始したeniシリーズは、累計販売数4,500個を突破。波佐見焼(長崎)をはじめ、多治見焼(岐阜)のマグカップや、新潟でつくられる八角形のお箸、富山県でつくられる真鍮の箸置きなど。全国各地の産地を巡り、日本のものづくりを旅するように食卓へとお届けしています。

ブランドURL:https://www.craft-store.jp/brands/eni


デザイナー Yuki Ide プロフィール



デザイン監修をつとめたモデル兼デザイナーのYuki Ideは、Instagramでシンプルな着こなしやライフスタイルが人気。過去プロデュースした国産デニムは即日完売するなど圧倒的人気を誇りフォロワー数は6万人超え。eniシリーズでは各地の工房まで何度も足を運び、使い勝手やパッケージ等細部にまでこだわった。
Instagram:@yukikokubu
https://www.instagram.com/yukikokubu/


ニューワールドについて
日本のものづくりに特化したオンラインショップ「CRAFT STORE」を運営。現在76ブランド700点ほどの商品を掲載。 2019年からスタートしたオンライン陶器市「CRAFT陶器市」は、全国12の産地54窯元、約1,300点以上のやきものが集まり、これまで40万人もの方々が訪れています。
URL:https://www.craft-store.jp/
また「日本ブランドを世界No.1にする」をビジョンに掲げ、 販売施策としての動画コンテンツの制作やプロモーションを通じ、日本のモノづくりメーカーのマーケティング活動など事業の拡大を図っています。Makuakeにて制作サポートしたプロジェクトの累計調達金額は7億円を突破いたしました。
制作実績:https://neworld-japan.com/monodukuri-partner
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ