BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

National Park Style Cafe 月替わりで全国全国34国立公園の特産品を取り入れたオリジナルメニューを販売開始!              

第一弾は、奄美群島国立公園の名産品・黒糖焼酎の手作り「焼酎ケーキ」!

川湯エコミュージアムセンター内【National Park Style Cafe 】で 月替わりで全国34国立公園の特産品を取り入れたオリジナルメニューを販売開始! 第一弾は、奄美群島国立公園の名産品・黒糖焼酎の手作り「焼酎ケーキ」!


 株式会社ナショナルパークツーリズムてしかが(代表取締役社長 中嶋 康雄、以下ナショナルパークツーリズムてしかが)は、親会社で、地域活性化事業を行う、株式会社TARGET HOLDINGS(代表取締役社長 立石聡明、以下TARGET)との連携により、阿寒摩周国立公園内に位置する環境省ビジターセンターである川湯エコミュージアムセンター内に展開する【National Park Style Café】で、全国34国立公園の名産品を使った特別メニューを開発し、提供を開始いたします。
 ナショナルパークツーリズムてしかがは、本年9月4日に、事業拡大を目指して従来の地域限定旅行業登録から、全国での国内の募集型企画旅行の企画・実施を行うことが可能な第2種旅行業登録を行い、事業のフィールドを弟子屈町外にも拡大し、全国の国立公園での事業展開を目指しております。国立公園関連事業としては、TARGETが推進する【National Park Style 】事業の中で、旅行事業を担って参りましたが、今回、【National Park Style Café】において、全国34国立公園の名産品を活用した特別メニューを開発し提供するとともに、全国の国立公園の魅力を名産品や特別メニューで広報して参ります。
 その第一弾としては、2020年10月1日より、奄美群島国立公園の名産である、奄美黒糖焼酎を原材料に手作りで製造した「焼酎ケーキ」を特別メニューに追加いたします。今後、月替わりで、全国34国立公園の特産品・名産品を活用した特別メニューを開発し、National Park Style Café店頭で提供していくとともに、地元である阿寒摩周国立公園・弟子屈町・近隣市町村の特産品・名産品を活用したメニューについても、並行して、3か月に1回、新メニューを開発・販売していく予定です。販売は、店頭での販売から開始し、今後、専用のオンラインショップも開設して参ります。
 国立公園の名産品の物販事業での事業利益の一部は、国立公園の自然保護・維持のための循環型モデルの確立を目指して、TARGET らが設立した、一般社団法人ナショナルパークスジャパン(以後、NPJ。代表理事 山内絢人)を通じて、国立公園の自然保護活動に寄付することを予定しております。NPJとは欧米の公園維持の仕組みを参考に、日本が誇るべき「ナショナルパーク」を利用者や民間事業者でしっかり稼ぎ、その収益で公園維持管理する自走型のシステムをつくっていく観点で、昨年7月から阿寒摩周国立公園川湯エコミュージアムセンターを先進モデルとして【National Park Style Café】を共同で運営しており、全国34公園への展開を目標としております。なお、全国34公園での特産品を活用したメニュー開発には、株式会社地域活性化大学(代表取締役 福永信也)との連携により行っていく予定です。

<全国34国立公園物販事業について>
【National Park Style 】事業の一環として、全国34国立公園の特産品・名産品を活用したオリジナルメニューを開発し、販売を開始いたします。
■第一弾:2020年10月
・月間強化国立公園:奄美群島国立公園
・名称:奄美群島国立公園の名産である奄美黒糖焼酎を原材料に手作りで製造した「焼酎ケーキ」
・販売期間:10月1日~10月31日(予定)
・奄美黒糖焼酎について
 奄美黒糖焼酎は、鹿児島県の奄美群島のみで造られおり、米麹とサトウキビから作った純黒砂糖を原料に醸造し、単式蒸留した本格焼酎です。
■今後の展開予定
月替わりで、全国34国立公園の特産品・名産品を活用したメニューを開発し、National Park Style Café店頭で順次販売していくとともに、地元である阿寒摩周国立公園の特産品・名産品を活用したメニューについても、並行して、3か月に1回、新メニューを開発・販売していく予定です。


<【National Park Style】展開イメージ>
 TARGET HOLDINGSグループは、自然を大切にし、エコでサステナブルなライフスタイル・企業経営スタイルを提案する、【National Park Style 】をビジネスライン(1.カフェ、2.タビナカツアーデスク及びガイドツアー、3.グッズ販売等4.移住拠点紹介・ワーケション拠点紹介)として展開し、国立公園の自然保護・維持のためのマネタイズスキーム(循環型モデル)の確立に寄与することを目指しております。


<【National Park Style Café】概要>
2019年9月21日に、川湯エコミュージアムセンター2Fにグランドオープンした、コンシェルジュカフェです。
窓からアカエゾマツの原生林を臨む風景の中、ゆったりとした時間を過ごしていただける空間と、地元産にこだわり厳選されたメニューでおもてなしします。
・場所:北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-2-6 川湯エコミュージアムセンター2F
・メニュー
弟子屈町で焙煎されブレンドされたこだわりのオーガニックコーヒー
 【National Park Style Café】の窓から見える情景をイメージして厳選されたオーガニック栽培のコーヒー豆をベースに、地元弟子屈町でのこだわりの焙煎。摩周焼カップでお楽しみ頂けます。
弟子屈手作り工房のトーストに弟子屈産蜂蜜とジャム
 道産小麦「春よ恋」と「摩周粉」を配合。ホシノ天然酵母でじっくりと焼き上げた味と香りをお楽しみ頂けます。


<株式会社ナショナルパークツーリズムてしかが概要>
社名:株式会社ナショナルパークツーリズムてしかが
本店:北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1丁目2-30 川湯観光ホテル内
奄美支店:鹿児島県大島郡瀬戸内町大字古仁屋字春日5<瀬戸内ITBASE>
URL:https://tourism-teshikaga.co.jp/
資本金:8,200,000円(資本準備金を含む)
設 立:平成21年4月1日
株 主:(株)TARGETHOLDINGS 76.3% 他33名
旅行業許可:北海道知事登録旅行業第2-566号
代表取締役:中嶋 康雄
主な活動内容
・全国旅行業・自然ガイド業・アクティビティ企画・開発・運営・カフェ運営・ナショナルパークツーリズムサイト運営・映像制作事業観光・WEBサイト企画制作

<株式会社地域活性化大学概要>
社名:株式会社地域活性化大学
URL:http://www. chi-katsu.com
本社:香川県高松市三条町661番地2
代表取締役 福永 信也
事業内容
・地域活性化に関わる教育事業・地域活性化大学の運営 地域活性化に関わる教育事業・地域活性化大学の地域学科の認定及びライセンス供与・地域の活性化を志す団体及び個人へのコンサルティング・地域活性化のための起業支援

<株式会社TARGET HOLDINGS概要>
社名:株式会社TARGET HOLDINGS
本店:鹿児島県大島郡瀬戸内町大字古仁屋字春日5<瀬戸内ITBASE>
東京事務所:東京都港区南青山二丁目27-22青山安田ビル7階
電話:03-5775-0666・FAX 03-5775-0672
URL:http://www.target-inc.jp
資本金:251,655,000円(資本準備金を含む)
設立:2015年7月
株主(敬称略):(株)GETTI 54.56%、(株)産業経済新聞社 0.03%、香川証券(株) 0.03%、 (株)アイビス・キャピタル・パートナーズ 0.08%、(株)ルネット0.03%、木村政雄0.08%、役員他
代表取締役社長 立石聡明
取締役:上田輝彦、海津元則(公認会計士)
事業内容
・マーケティング&プロデユース事業・ナショナルパークスタイル事業・MaaS事業 等

<一般社団法人ナショナルパークスジャパンについて>
日本が世界に誇るべき傑出した自然の景勝地である国立公園を、世界各国の国立公園とも提携しながら世界に発信し持続可能な観光を推進することで、観光立国・地方創生の推進を図るとともに、国立公園の自然の魅力・価値を、都市部を含めより多くの人々・子どもたちに伝え、日本の守るべき緑を次世代へ継承していく緑ある豊かな循環共生型社会実現のため活動しています。
名  称 :一般社団法人ナショナルパークスジャパン
本  店 :北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-2-6
URL :https://www.nationalparks.jp/
設  立 :2019年4月
代表理事 :山内絢人
副理事長 :後藤健市((株)スノーピーク地方創生コンサルティング代表取締役 )
理  事 :マイク・ハリス((株)キャニオンズ代表取締役)・太田雅人((株)GETTI代表取締役)

■本件に関するお問い合わせ先
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1丁目2-30 川湯観光ホテル内
株式会社ナショナルパークツーリズムてしかが https://tourism-teshikaga.co.jp/
E-mail: info@ @nationalparktourism.jp 電話番号 015-483-2101
                                以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ