BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

片道乗り捨てレンタカーで、帰りは飛行機で楽々の長距離ドライブ!「日本中の紅葉を見に行こう!秋の日本縦断キャンペーン」 #片道レンタカー

北海道~新横浜、九州のロードムービーのようなドライブ旅を7,000円の低価格から

「最適化配置アルゴリズム」による片道レンタカーマッチングサービス「Simpway」を提供するPathfinder株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役:小野崎 悠介、以下 パスファインダー)は、「回送車両マッチング」の実証実験を兼ねて、北海道~新横浜、九州間の最長2,300kmの片道レンタカー旅を7,000円の低価格から提供する「日本中の紅葉を見に行こう!秋の日本縦断キャンペーン」を10月17日(月)から実施します。現在お申し込みいただいた方には、キャッシュバック等の特典をご用意しています。





キャンペーンの背景


 パスファインダーは、秋の行楽シーズンに合わせ、「もっと自由に旅を楽しんで欲しい」という想いから、新千歳空港から福岡空港までを片道乗り捨てレンタカーで繋ぐことにより、帰り道を気にせず車で日本縦断ができる「日本中の紅葉を見に行こう!秋の日本縦断キャンペーン」を実施します。

 通常、レンタカーを片道乗り捨て利用すると回送料金が発生し価格が上がってしまいますが、本キャンペーンは余剰の回送車両をレンタカーとして利用することで、10月17日(月)~11月1日(土)から最大8日間、長距離片道レンタカーを7,000円からの低価格で提供します。
▼キャンペーン特設ページ
https://pfr-technology.notion.site/d49d99beaa6b438b88393fb6f36a8ed2


キャンペーン概要

第三弾 北海道→九州間 回送車両 片道レンタカーマッチング 日本中の紅葉を見に行こう!【秋の日本縦断キャンペーン】




特典について

今お申込みいただいたお客様には、以下の特典をご用意しています。

1.フェリー特典
旅の途中でフェリーをお使いいただくとレンタカー代を一部キャッシュバックいたします。

2.お疲れ様特典
レンタカーの返却後ご利用いただける、スターバックスの電子チケット 700円分を2枚プレゼントいたします。

3.SNS投稿特典
旅の風景をSNSで投稿いただくと、Amazonギフトカードを1,000円プレゼントいたします。

▼こんな方におすすめ
・秋の紅葉をめいいっぱい楽しみたい方
・長期の休みがとれたため、普段できないような旅行をしてみたい
・日本各地を周りながらワーケーションしたい
・全国の御朱印制覇の旅をしたい など

あなたならではの旅をお楽しみください。

低価格での片道レンタカーを実現できる理由

 パスファインダーは国内で初めて、片道専用のレンタカーの回送アウトレットプラットフォームを開始しました。通常のレンタカーでは、ユーザーは決められた時間内に出発店舗へ車両を戻す必要があるため、柔軟な移動や滞在方法を選択できない場合があります。通常のレンタカーでも片道乗り捨て利用をすることはできますが、レンタカー事業者は乗り捨て先である返却店舗から元の出発店舗に車両を戻す回送作業を行う必要があり、ユーザーは手数料として「乗り捨て料金の支払い」が発生します。
 Simpwayは、片道専用サービスとしてこの「乗り捨て料金を完全無料」とすることで、低価格による自由な移動を提供します。本キャンペーンも、Simpwayのプラットフォームを活用しているため低価格の移動を実現しています。


------------------
【Pathfinder株式会社について】
パスファインダーは、MaaS(Mobility as a Service)時代の開拓者(Path Finder)となることを目指し、2020年に設立されたモビリティサービスの研究開発企業です。社名は火星探査機Mars Pathfinderに由来しており、同機及び同プロジェクトの革新的な姿勢にあやかり、名付けられました。2022年3月にリリースされた、日本初の出発店舗・返却店舗が固定の片道専用レンタカーのマッチングサービス「Simpway」β版の開発推進や、回送車両マーケットプレイスの立ち上げ等、仮説検証をもとにMaaS領域の事業開発に幅広く取り組みます。

社 名:Pathfinder株式会社
所在地:東京都板橋区仲町23-6
オフィス:東京都渋谷区道玄坂1-16-6 二葉ビル 3階
事 業:MaaS及び関連サービス/研究開発
代表取締役:小野崎 悠介

パスファインダーHP:https://pfr.technology/  
Simpwayの予約申込:https://www.simpway.to/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ