BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【新商品】ラグジュアリーホテルのアメニティ。SDGs問題に備えるホテルを応援する竹で作ったプレミアムな歯ブラシ。

ワンランク上のホテルへ向けた高級感あふれるアメニティ向け竹歯ブラシを新たに販売。

株式会社アステップ(1963年創業:所在地・千葉県船橋市大穴南2-6-15 URL:https://1963astep.com / 代表取締役社長・西内毅)は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みとして、ワンランク上のホテルへ向けた竹製の歯ブラシを発表。また、2021年11月25日より弊社ECサイトにて一般に向けた販売も開始しました。



【廃プラ問題でホテル業界が迫られる対応】
「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」の施行日を来年2022年4月に迎えるに当たり、待ったなしとされているのが外国人客の多いホテルです。世界的な流れとなった脱プラスチック問題は、ことEUでは2019年7月に「特定プラスチック製品の環境負荷低減に関わる指令」が発効し、使い捨てのプラスチックや発泡スチロールで作られた食器や食品容器の市場流通の禁止がはじまっています。プラスチックに関して厳しい目を向けている国からのお客を迎え入れるホテルは、今はコロナ渦で外国客が遠のいたものの、これからはプラスチック製のアメニティではもはや「おもてなし」ではなくなってしまいました。
(参考記事:「欧州委、使い捨てプラスチック製品の流通禁止を前に指針発表」
https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/06/88299a30b5475ed7.html
EUではプラ製使い棄てストローや食器などが廃止へ
日本ではプラスチックごみの年間排出量が5トンを上回る企業に対してプラスチックごみの削減が義務化されます。ホテルや宿泊施設などで排出されるプラスチックごみの75%を占めるのが歯ブラシであり、歯ブラシごみをいかに削減するかが、ホテル業界にとって大きな課題と言えます。
プラスチック製歯ブラシを代替素材である竹で作成、というのはすでに海外製品でも多く出てきており、日本国内でもプラスチック以外の素材を使用した歯ブラシを製造する会社が出てきました。

【竹割箸開発から始まった竹製品事業】
弊社の取り組みはさかのぼること2007年、丁度コンビニ大手のセブンイレブンの割り箸が竹製になった頃、弊社も竹割箸を開発し、販売を開始しました。なぜコンビニの割り箸が木から竹製になったのか、当時は森林の環境保護が謳われていた時代であったため、木の代替素材として割り箸業界の目に止まったのが「竹」でした。竹は木よりも成長のサイクルが早いため、定期的に伐採する素材としては優秀でした。そして何よりかつて日本では日常道具が竹製だった時代が有り、日本人には馴染みの深い素材でした。


孟宗竹は高さ10m、周囲最大50cm以上にもなる
【自社独自の特許技術による薬剤を使わない製法】
しかし竹には天然の抗菌作用はあるものの、もとは植物なので、歯ブラシのように濡らしてくり返し使うようなものは、しっかり乾かさないとカビが生えてしまうデメリットがありました。もとより日本を始めとした東南アジア地域では、その多湿な環境が災いして生活におけるカビ問題は今も昔も変わりません。その対策として防カビ剤の使用が一般的ですが、口に含むものに対して薬剤の使用はできるだけ回避したいと考え、防カビ剤を使わずにカビを防ぐ方法として、徹底した洗浄と紫外線による殺菌処理を行い、竹に寄生する虫や雑菌を取り除き、含水率を7%以下にすることで、製品として保存できる竹製商品に仕上げました。この技術は当社の独自技術として特許登録されており、竹歯ブラシにもこの技術を使用し、製造されています。
この当社の技術に着目いただいた、日本初サステイナブルブランド「MiYO ORGANIC(ミヨオーガニック)」より竹歯ブラシのOEMを受けて供給。この製品をさらに改良し、自社ブランドとして発売に至りました。
人体に有害な物質は一切検出せず


【商品特徴】
本体部分の竹素材は、周囲50cm以上にもなる孟宗竹が強度として最適な4年目に達したときに収穫したものを使い、また、ブラシ部分も植物性に近づけるべく、ナイロン610(※)を採用。多くの竹歯ブラシで唯一ナイロン部分として残されていたブラシ部分の植物化を高めました。ブラシ部分は国内に流通する一般的な大きさを参考に、日本人でも使いやすい大きさに仕上げました。
(※ナイロン610…ヒマシ油を精製したセバシン酸を62% と、ヘキサメチレンジを合成して作られたナイロンポリマー。)

【スタンダード型に続くプレミアム型商品】
当製品は、前回の平型歯ブラシ
【新商品】Xデーは2022年4月!ホテル業界が直面する課題に挑む竹歯ブラシ「Bamboo Toothbrush」発売開始。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000089516.html
をより製品のグレードを上げ、ラグジュアリーなホテルでの使用に合うように仕立てを変えたモデルです。
平型と製法上の違いはありませんが、形状は握り手を丸く整えて握りやすくし、歯ブラシの柄の下部分を漆塗による色分けを施し、2人以上の宿泊の際に外見上の分別がしやすくなっております。また本体の柄の部分には刻印を入れる事が可能であり、箱もホテルオリジナルのデザインに仕上げる事が可能(※)です。
※オリジナルロゴの本体刻印は10,000本より、オリジナルの箱は30,000本より受注可能。

歯ブラシの漆塗りカラーは12色のバリエーションが存在し、その中からホテル向きのシックなモノトーンカラーの白と黒を個包装に仕立て、ホテルアメニティとして使えるようにしたのが本製品です。このカラーをホテルのイメージカラーに差し替えたり、企業のノベルティとしての販売にも対応できるようなバリエーションの広さを視野に入れています。



【アステップ会社HP】
https://1963astep.com

【商品概要】


商品名:Bamboo Toothbrush(バンブートゥースブラッシュ)・竹歯ブラシ丸型
種 類:白、黒(他のカラーは要相談)
一般小売価格:1本@¥200+消費税(販売は10本セットより・2,200円(税込)+送料)
※卸売販売は直接ご相談ください。


【アステップ公式通販サイト】
https://1963astep.shop/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ