BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

傘やバッグに靴、刃物まで生活必需品を1人で何でも直す”スゴ腕修理職人”に密着!9/26(日)BACKSTAGE(バックステージ)



私たちの何気ない日常のバックステージには、いつも懸命に働く人たちが・・・。よく知っている仕事から、初めて目にする仕事まで、さまざまなジャンルのプロフェッショナルが“挑戦”する姿に密着する『BACKSTAGE』。MCの武井壮とともに働く人たちの“こだわり”や“仕事愛”を浮き彫りにしていきます!


今回は、さまざまな生活必需品を修理するプロに密着!持ち手がポッキリ折れてしまった傘や、キャスターの車輪がボロボロになったスーツケースも元通り!「依頼は断らない」「身近な物が壊れて困っている人を助けたい」と持ち主に想いを寄せて多くの品物と向き合い、1人でどんなものでも直してしまう異色の修理職人に迫ります!


傘を修理したかと思えばお次はスーツケース、さらには革靴、バッグ、なんと包丁まで直してしまう修理職人の山口佳彦さんは、千葉県松戸市にある修理専門店『夢工房』のエースとして働いています。
最も依頼が多いのが傘。山口さんが修理をするその数なんと年間5000本以上!留め具が壊れた、真っ二つになった、色褪せてしまった・・・などさまざまな傘があり、直し方もそれぞれ。すぐに直せるものから大掛かりなものまで熱心に修理をしていく山口さん。豊富な経験と道具を駆使した山口さんならではの修理方法に注目です!

傘と同じくらい修理依頼が多いスーツケース。この日、山口さんのもとにキャスターの車輪がボロボロになってしまった高級ブランドのスーツケースがやってきました。キャスターとパーツをつなぐ重要な部品「軸」にこだわりがある山口さん。スーツケースの規格によってキャスターの軸の形や大きさがちがうため、すべてのスーツケースに対応できるよう鉄工場に特注した11種類ものオリジナルの軸を用意しています。どのように修理をしていくのでしょう?


また、持ち手が擦り切れてしまったバッグの修理では、もともとあった針穴に合わせてミシンで1針1針丁寧に縫うシーンも・・・。
さらに、刃こぼれをしてまったく切れない包丁に「年々包丁研ぎの依頼が減っていて、ほかに比べて経験が少ない」と不安な表情を見せる山口さん。何度も刃を確認しながら慎重に研いでいきます。果たして、切れ味を取り戻すことはできるのでしょうか?

お客さんに満足してもらうため、どんなものでも全力で取り組む山口さんが修理職人になったきっかけや、忘れられない修理品のエピソードもご紹介します!
【BACKSTAGE 9/26OA「傘やバッグに靴、刃物まで生活必需品を1人で何でも直す『スゴ腕修理職人』」PR動画】

【放送日】2021年9月26日(日)
【時間】よる11:30
【MC】武井壮
【ゲスト】高瀬真奈
【テーマ】傘やバッグに靴、刃物まで生活必需品を1人で何でも直す「スゴ腕修理職人」
【番組HP】https://hicbc.com/tv/backstage/?ref=pr
CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ