BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

日本酒メーカー直営の醸造所併設レストランが“新感覚SAKE体験”をテーマに「WAKAZE TOKYO」としてリニューアル!8月2日よりクラウドファンディング開始!

「驚きに、舌鼓。」美味しくて新しいSAKE体験を通じて、SAKEの世界観を広げます。

東京都三軒茶屋でSAKEを造る日本酒メーカー、株式会社WAKAZE(本社:山形県鶴岡市 代表取締役:稲川琢磨)はリブランディングを実施し、運営するSAKE醸造所の併設レストラン「WhimSAKE&TAPAS(東京都世田谷区)」を「WAKAZE TOKYO(ワカゼ トウキョウ)」へ2021年9月16日(木)にリニューアルオープンします。 「驚きに、舌鼓。」をコンセプトに、1日9名限定の完全予約制のペアリングコースをメインに提供します。料理とSAKEの美味しいペアリングだけでなく、どぶろくを搾る上槽体験や、醸造所併設だからこそのフレッシュな生どぶろくを味わえるなど、新しい"SAKE体験”によって、SAKEの世界観を広げる「体験型レストラン」を目指します。 9月16日(木)オープンにあたり、コースをお得に体感できる予約権や、オープン記念の限定SAKE、タンク1本醸造権などを8月2日(月)15時より、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」で限定販売します。 プロジェクトページ:https://www.makuake.com/project/wakaze-tokyo/





1.WAKAZE TOKYO

< リニューアル背景 >
「WAKAZE TOKYO」の前身となる「Whim SAKE&TAPAS(ウィム サケ アンド タパス)」は、SAKE醸造所「三軒茶屋醸造所」に併設の醸造所併設レストランとして2018年7月にオープンしました。三軒茶屋醸造所で醸造される「どぶろく」「ボタニカルSAKE」と、特製のタパス料理のペアリングを気軽に味わえる場として生まれました。
オープンから3年間、多くのお客さまにご来店いただきました。気軽な1杯から、メインの肉料理、がっつりご飯やデザートまで、バルスタイルだからこそ皆さまに気軽にお越しいただけたと思う一方で、より深く魅力を伝えたいと考えました。

もっともっとSAKE自体の魅力や、料理とのペアリングによる面白さを伝えるにはどうしたらいいか。悩んだ結果、気軽なバルスタイルから予約制のコーススタイルへ変え、そして醸造所併設という強みを活かした「体験型SAKEペアリングレストラン」へと進化することを決めました。
美味しさは勿論、驚きやワクワク体験を提供することで、お客様のSAKEに対する既存の価値観や世界観を広げ、これからのSAKEライフをより楽しむきっかけとなることを目指します。



< 驚きに、舌鼓。 >
メインとなる「体験型SAKEペアリングコース 9,000円(税込)」では、料理7皿にお酒9杯をコースで提供。ペアリングを堪能できます。


「美味しい!」はもちろん、多様なSAKEの飲み比べ、SAKEの新たな魅力を発見するSAKEカクテル、温度帯や熟成度合やグラスの違いによるSAKEの表情の変化、生酒など、醸造所併設ならではの楽しみをコースに組み込みました。

さらには、お酒の発酵過程である醪(もろみ)に近い「生のどぶろく」をお客様自ら搾る「上槽体験」も!お酒好きの方でもなかなか体験したことはないかと思います。

「WAKAZE TOKYO」では、さまざまな驚きに舌鼓を打っていただけるはずです。


WAKAZEの革新的で多種多様なSAKEと、それに合わせる厳選素材を用いた料理、さらに驚きの体験要素を盛り込んだ、「WAKAZE TOKYO」でしか味わうことのできないコースをご用意しています。

●SAKE
「WAKAZE TOKYO」がお届けするのは、WAKAZEが造り出すこだわりのSAKEたち。併設する「三軒茶屋醸造所」はもちろん、フランスのパリ醸造所「KURA GRAND PARIS(クラ グラン パリ)」のお酒も並びます。

併設する「三軒茶屋醸造所」が醸造するのは、“日本酒”の原型とも言われる「どぶろく」や、“日本酒”の醸造過程でボタニカル(フルーツや茶葉など)素材を加えて発酵させた「ボタニカルSAKE」。日本古来の伝統製法と、新時代の製法が交わることで、新たなSAKE文化を創りあげます。

WAKAZE 三軒茶屋醸造所 杜氏戸田京介


●料理
SAKEに寄り添い、またSAKEをさらに引き立てるため、「和食」や「洋食」といったジャンルや技法に縛られない、自由な発想に基づいた料理を提供します。
食材はWAKAZE創業の地であり、三軒茶屋醸造所の酒造りに用いられる米と同じく、山形県産の旬の素材を中心に厳選。
また、酒造りの基ともなる麹を活用した自家製の塩麹や醤油麹、醸造所のボタニカルSAKEの酒粕や甘酒を料理に活用し、食材の味わいをさらに奥深いものにし、栄養価が高く体になじむ料理を提供します。


< WAKAZE TOKYOの想い >
WAKAZE TOKYOは、最先端のSAKE文化のはじまりに触れることができる最高の空間であり続けたい。そして、来ていただいたすべてのお客さまに、この場で体感したSAKEや料理、過ごした時間が記憶に残るものにしたい。
WAKAZE TOKYOは、WAKAZEが大事にしている4つの考えに基づいたSAKEと料理を提供します。

1.Innovation (SAKE文化の革新)
先人の造り上げてきた伝統と技術を真摯に学び取り入れたうえで、新しい組み合わせや技法に意欲的に挑戦します。
2.Diversity (多様性の実現)
様々な文化的背景や趣向をもった人々に楽しんでもらうため、多様で幅広いジャンルの要素や食材を取り入れ文化的境界を超えていきます。
3.Sustainability (自然への畏敬)
発酵における神秘的な現象をはじめ、自然に対する尊厳を忘れず、取り扱う素材一つ一つと向き合い、持続可能な自然環境作りに配慮します。
4.Openness (透明性と健康配慮)
トレーサビリティが明白で安心安全、かつエネルギーに満ちた素材を生かすことで、おいしいだけでなく体が喜ぶものを提供します。



< 店舗概要 >



WAKAZE TOKYO公式Instagram
https://www.instagram.com/wakaze_tokyo/


ガラス張りの醸造所を眺めることができるカウンター席


2.クラウドファンディング

< プロジェクトのポイント >
オープンにあたり、コースをお得に体感できる予約権や、オープン記念の限定SAKE、タンク1本醸造権などを8/2(月)15時より、Makuakeで限定販売します。
通常価格よりもお得なペアリングコースも、
● Makuake限定OPEN記念SAKEも特別醸造します!


< プロジェクト概要 >
プロジェクト名:「新感覚SAKE体験」を届けるWAKAZEの醸造所併設レストランが異空間へ一新!
ページ:https://www.makuake.com/project/wakaze-tokyo/
※プロジェクト開始時間後にページがご覧いただけます
期間: 2021/08/2(月)15:00公開 ~ 2021/09/29(水)18:00終了


3.WAKAZEについて

株式会社WAKAZEは2016年創業のスタートアップ企業です。「日本酒を世界酒に」の実現を目指し、山形県庄内地方で創業しました。この言葉には「世界中でSAKEが造られ、飲まれる世界」を目指すという想いがこめられています。

2018年7月には東京都・三軒茶屋に自社醸造所「三軒茶屋醸造所」と併設飲食店「WhinSAKE&TAPAS」をオープン。2019年11月にはフランス・パリ近郊に設立した醸造所「KURA GRAND PARIS」での醸造も開始しました。新時代の「SAKE」の開発と発信を行なってきました。

この度、「WAKAZE TOKYO」へのリニューアルをはじめとして、WAKAZEブランドを一新するリブランディングを行いました。WAKAZEの大事にしている考えに基づき、レストラン「WAKAZE TOKYO」、三軒茶屋醸造所で造るお酒のデザイン、公式オンラインストアなど、すべてを順次一新しています。WAKAZEは、これからも多くの人にSAKEのワクワクを伝えられるよう新たな挑戦を重ねてまいります。

●公式オンラインストア
https://www.wakaze-store.com/
●Instagram
https://www.instagram.com/wakaze_japan/
●Twitter
https://twitter.com/wakaze_sake

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ