BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

iPhoneが勝手に動く?ゴーストタッチの原因と対処法を紹介!!【ReiBoot 新機能対応】

「 ReiBoot」のホームページ:https://bit.ly/2Q38Jpe

Tenorshare ReiBootは2021年7月13日(火)に、バージョン8.0.12に更新しました。今回はゴーストタッチなどの問題を簡単に解決できます。不具合の修復率も高くなります。


iPhoneにタッチしていないのに勝手に画面が動く、思ってもいないところが勝手にタッチされてしまうなんてことはありませんか?それはいわゆる「ゴーストタッチ」と呼ばれるiPhoneの不具合です。LINEでの誤送信や、パスワードの誤入力に繋がる現象で非常に不便ですね。このゴーストタッチについて原因や対処法を詳しく説明していきます。


ゴーストタッチとは


iPhoneの画面を触っていないのに勝手にメッセージを送ってしまった、勝手に電話してしまったなど、操作していないのに勝手にiPhoneが動くことを「ゴーストタッチ」と呼びます。


ゴーストタッチの症状
1.ロック解除できない
2.文字が勝手に打たれる
3.画面をタッチしても動かない
4.アプリ起動
5.勝手に電話がかかる




ゴーストタッチの主な原因
1.iPhoneの温度
iPhone本体が熱くなり、熱暴走が発生してゴーストタッチに繋がることがあります。特に充電中の操作などは本体が熱くなりやすいのでゴーストタッチが起こりやすくなります。
2.iOSの不具合
iOSに不具合があってゴーストタッチが発生する場合もあります。OSのアップデートに失敗したり、OSを更新しないままずっと古いOSを使用していると発生する可能性が高くなります。また、そもそものOS自体に不具合がある場合もあります。
3.画面の不具合
画面にホコリなどのゴミや汚れ、またキズや画面のひび割れなどがゴーストタッチを引き起こすこともあります。また気が付かないうちに画面保護のフィルムと画面の間にホコリが蓄積してそれが原因になることもあります。




ゴーストタッチの対処方法


1.iPhoneを再起動してみる
ゴーストタッチが発生したらまずはiPhoneを再起動してみましょう。再起動することによってキャッシュやメモリがリセットされ一時的なゴーストタッチであれば改善され、正常に動くようになります。


2.iPhone本体の温度を下げる
iPhoneが熱暴走してゴーストタッチを引き起こしている場合にはiPhone本体の温度をさげることで解決することができます。充電しながら操作を行っていときは、一度充電を中止し、操作もやめて涼しいところに置いて本体の温度を下げてみましょう。熱が原因であれば本体の温度が下がれば正常に戻ります。

3.ソフトウェア(iOS)をアップデートする
古いOSを使い続けている、また現在のOSに不具合があることが原因で発生しているゴーストタッチであればOSをアップデートすることで直す事ができます。OSのアップデートはゴーストタッチ以外にもバグの修正やセキュリティのアップデートなど重要な内容が多数含まれているので、積極的に行うことをおすすめします。


4.iOSシステム修復ソフトを試してみる
上記の3つを試しても直らない場合はOSに不具合が発生している可能性が高いです。そのようなときはiOSの不具合を修復するソフト「ReiBoot」を使用します。このソフトを使用することによって不具合が発生しているOSを修復することができます。OSのアップデートの失敗や何らかの原因でOSに不具合が発生し、それに起因するゴーストタッチであればOSを修復することで解決することができます。


「 ReiBoot」のホームページ:https://bit.ly/2Q38Jpe


今回は更新した「ReiBoot」の新バージョンはゴーストタッチなどの問題を簡単に解決できます。不具合の修復率も高くなります。








まとめ

ゴーストタッチが発生すると思いもよらない誤操作が発生し、自分だけでなく他の人にも迷惑をかけてしまう可能性もあります。またiPhoneを思い通りに操作できなくなりとても不便になってしまいます。ゴーストタッチが発生してしまったら今回ご紹介した手順で直すことができます。もしゴーストタッチ以外にも不具合がある場合には「ReiBoot」で解決することができます。お使いのiPhoneに不具合が発生したときは是非試してみてください。


「 ReiBoot」のホームページ:https://bit.ly/2Q38Jpe

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ