【夫婦のセックスレスが増加している「日本的背景」】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

夫婦のセックスレスが増加している「日本的背景」

社会という荒野を生きる②

■デートを再現するという処方箋

 どうすればいいか。簡単です。僕たち夫婦には、8歳、5歳、1歳と子供が3人いて、最近では4人目もいいね、という話も。しかし、そこで言いたいのは、「セックスは、すりゃいいというもんじゃない」ということです。

 考えてみて下さい。子供まみれの状態で、寸暇を見つけて5分10分で済ませるっていうのが、夫婦にありがちなセックスのやり方。僕は高校生になった当時(1974年)に夫婦のセックス持続時間の統計を見て、「こりゃいけない」と思いました(笑)。

 夫婦中心主義とは、日常の時空間から離れて、非日常の演出にコストをかけること。僕たち夫婦は、毎月カレンダー上に「夫婦の日」を書き入れ、かなり前から保育所や親族に子供たちを預ける手配をして、独身時代の休日みたいに朝からデートします。

 一緒に映画を見に出かけたり、二人の思い出の場所に出かけたり。天気が悪ければ、DVDやブルーレイを見たり、とっておきのランチを僕が作ったり。そうやって夫婦の時空間を作って、デートをした上で、ちゃんとセックスする。

 日本的なセックスレス夫婦への対処法は、もうお分かりですね。日常と隔離された非日常性の時空を演出する。出会った頃のデートを再現する努力です。当時は「いい感じ」だったでしょう? 思い出せるでしょう?

「そういう感じ」の中にセックスを置くんです。ほらね、いつもの硬派な社会学者と違って「愛の伝道師」っぽいでしょう?(笑)。過去2年間やってきた恋愛ワークショップでは、こういうことに気づいてもらってきたわけですよ。

 
次のページ若者は性愛関係よりも友人関係を重視

KEYWORDS:

オススメ記事

宮台 真司

みやだい しんじ

1959年宮城県生まれ。社会学者。映画批評家。首都大学東京教授。公共政策プラットフォーム研究評議員。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。社会学博士。1995年からTBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ!』の金曜コメンテーターを務める。社会学的知見をもとに、ニュースや事件を読み解き、解説する内容が好評を得ている。主な著書に『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』『日本の難点』(幻冬舎)、『14歳からの社会学』(世界文化社、ちくま文庫)、『正義から享楽へ 映画は近代の幻を暴く』(bluePrint)、『子育て指南書 ウンコのおじさん』(共著、ジャパンマシニスト社)、『どうすれば愛しあえるの 幸せな性愛のヒント』(共著、KKベストセラーズ)など著書多数。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

社会という荒野を生きる。 (ベスト新書)
社会という荒野を生きる。 (ベスト新書)
  • 宮台 真司
  • 2018.10.12