|京王線が高尾に向かっていなかった頃の話

 今や世界的な観光地となった感がある高尾山。ここを訪れる人の多くが京王高尾線を使っている。しかし、京王線が高尾山に至ったのは戦後のことで、戦前は別の場所へ向かっていた。

 意外に思われるだろうが、それは大正天皇陵(多摩御陵)であった。路線名も御陵線といい、御陵への参詣者の輸送を目的としていることを名前でも示していた。

 陵が築かれた昭和2年から10年代にかけて大正天皇陵は一大観光地だった。当時の京王電車(現・京王電鉄)の沿線案内図を見ると、陵は高尾山を圧するほどの大きさで描かれており、いかに人気スポットであったかがわかる。歴史上初めて関東に造られた天皇陵であったことに加えて、郊外のピクニックにちょうどいい距離感でもあったのだろう。現在は大正天皇皇后・昭和天皇・同皇后の陵も築かれ武蔵陵墓地と呼ばれているが、厳かでありながら明るく清々しい聖地となっており、当時の人気もうなずける。

古墳時代を思わせる上円下方墳の大正天皇多摩陵

 御陵線のコースは今の高尾線と同じく北野駅で京王線から分岐して、国鉄中央線・甲州街道・南浅川を高架で越えて御陵に向かうというものであった。その遺構はわずかに橋脚を2つ残すのみとなっている。

宮廷風の駅舎もあった京王御陵線も今や2つの橋脚を残すのみだ

 最後に、前回終着駅の駅舎を社寺風駅舎の傑作として紹介したJR大社線について触れておきたい。

 大社線は出雲市駅と大社駅を結ぶ路線で、国鉄によって大正元年(1912)に開業した。出雲大社への参詣路線であったのでかつては名古屋や大阪からの直通列車も走っていたが、観光バスや一畑電車に乗客を奪われ、平成2年(1990)に廃止された。

創建は神話の時代にさかのぼるという出雲大社

 大社駅駅舎が建築としてすぐれていて重要文化財に指定されたため、駅舎周辺のみは当時のまま残されている。ホームに立っていると、いつか列車が来るのではないかという錯覚にとらわれる。それだけに寂しさもひとしおだ。

今にも列車がやってきそうなJR大社線廃線跡。

(5回にわたる連載におつきあいいただき、ありがとうございます。聖地鉄道について少しでも興味をもたれたのなら、拙著『聖地鉄道めぐり』(G.B.刊)もお読みいただければと願っております)