ビジネスモデルを変えた、天下人・秀吉の国内&対外政策とは? | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ビジネスモデルを変えた、天下人・秀吉の国内&対外政策とは?

新刊『経済で読み解く豊臣秀吉』(上念司/著)3月20日発売!

「織豊時代」を学べば、現代日本を救える!

新刊『経済で読み解く豊臣秀吉』(上念司/著)3月20日発売!

朝鮮半島ではなく、マニラを攻撃していれば、

世界地図は塗り替わっていた……!?

「本能寺の変」から「山崎の戦い」「検地」「刀狩」「朝鮮出兵」まで、

国防の本質を“経済的視点”で描く―。

「織豊時代」を学べば、現代日本を救える!

秀吉の“偉業”と“失敗”を考察する、著者渾身の書下ろし!!

 

 

 

 

オススメ記事

上念 司

じょうねん つかさ

経済評論家。1969年、東京都生まれ。

 中央大学法学部法律学科卒業。在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。

2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。

2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。

 金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している。

 著書に、『≪完全版≫「日本ダメ論」のウソ』(イースト・プレス)、『TOEICじゃない、必要なのは経済常識を身につけることだ! 』(ワック)、『デフレと円高の何が「悪」か』(光文社)他多数。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

経済で読み解く豊臣秀吉 東アジアの貿易メカニズムを「貨幣制度」から検証する
経済で読み解く豊臣秀吉 東アジアの貿易メカニズムを「貨幣制度」から検証する
  • 上念 司
  • 2018.03.20