年末恒例「有馬記念」開催間近!馬にまつわる珍名さん |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

年末恒例「有馬記念」開催間近!馬にまつわる珍名さん

珍名さん万歳(46)

■現在は競馬でよく見るが、古くは家畜や戦に用いられた

 12月は、競馬において一年の締めくくりである有馬記念が開催される。多くの競馬ファンが一喜一憂する一大レースである。

現在では、馬と言えば競馬でよく見るが、古くは家畜や戦に用いられた。戦場で大きな役割を果たす馬は重宝された。特に、甲斐国の武将武田氏の騎馬隊は有名である。また、それらの馬を放牧するために全国各地に牧場も置かれていた。

「馬」が付いた名字は多く、馬(うま)・馬木(うまき)・馬坂(うまさか)・馬体(ばたい)・馬〆(まじめ)・馬締(まじめ)・馬目(まのめ)・馬面(ばめん)・馬川(うまかわ)・馬原(まはら)・馬越(うまこし)・馬養(うまかい・まがい)・神馬(じんば)・二馬(ふたば)・馬欠場(うまかけば)・馬飼野(まかいの)・馬見新(まみしん)・馬場先(ばばさき)・馬男木(まなぎ)・流鏑馬(やぶさめ)などがある。

「二馬」という名字の由来は現実の馬ではなく、夢の中の馬である。数百年前、二馬家の先祖が初夢で、道に迷い暗中模索している時に二頭の馬が現れ、その馬が道案内をしてくれて無事に帰ってこられた夢を見た。夢の中とはいえ、初夢で縁起が良いことからそれまで名乗っていた名字を「二馬」に変えたと伝えられている。正に、夢のような名字である。また、牧場に関する名字も多く、牧(まき)・巻(まき)・牧野(まきの)・牧岡(まきおか)・荒牧(あらまき)・御牧(みまき)・小比類巻(こびるいまき・こひるいまき)などがある。その他にも、馬に関係がある名字では、鞍(くら)・鞭(むち)・鬣(たてがみ)・蹄(ひづめ)・手綱(たづな・てづな)などが存在している。

KEYWORDS:

オススメ記事

高信 幸男

たかのぶ ゆきお

名字研究家



1956年、茨城県大子町生まれ。高校の時から名字研究を始め、全国を旅しながら名字の由来やエピソード等を取材している。主な著書に『難読希姓辞典』『名字歳時記』『珍名さん』など。日本家系図学会員、茨城民族学会員、日本作家クラブ会員。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

一個人別冊 日本人の名字の大疑問 (ベストムックシリーズ・52)
一個人別冊 日本人の名字の大疑問 (ベストムックシリーズ・52)
  • 2017.09.27