【意外と知らない?!エスニック料理とワインの相性】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

意外と知らない?!エスニック料理とワインの相性

人生を変えるワイン学 第25回

◆エスニック料理とワインのマリアージュのコツ

 では、より美味しくするためにはどんなワインを合わせたらいいのでしょうか?

☆白ワインを合わせるならこんなタイプ

「香りが華やかで、香りも味わいもハッキリとしたもの」

 控えめな香りで繊細なワインは、料理のハーブやスパイスの香りに負けてしまうので、しっかりと香り高いものを選びましょう。スパイスの効いた料理にはスパイシーな白ワインがオススメです。

カレーに合わせてもOKです!

 香りの高いもの? スパイシー? どのワインを選んだらいいの?という方に簡単な選び方を伝授します。ずばり!ブドウ品種で選ぶ方法。

 品種で選ぶなら、ゲヴュルツトラミネール、ソーヴィニヨン・ブラン、ヴィオニエがオススメです。

☆赤ワインを合わせるならこんなタイプ

「たっぷりの果実味で、なめらかなもの」

 タンニンが豊富なワインは、料理の辛みが増してしまうので、果実味が多く渋みの少ないなめらかなものを選びましょう。渋みが少なくフルーティなワインは冷やしても美味しく飲めるので軽く冷やすのもアリ! スパイスの効いた料理にはスパイシーな赤ワインがオススメです。

 品種で選ぶなら、メルロー、テンプラニーリョ、シラーズ、ガルナッチャがオススメです。

☆ロゼワインを合わせるならこんなタイプ

「辛口、甘口どんなロゼでも◎」

 白ワインと赤ワイン2つの要素をもつロゼワインは万能ワイン。特に、エスニック料理によく使われるエビ、カニはロゼワインとの相性が最高です。トムヤムクンやパッタイなど甘酸っぱ辛い料理は、甘口、辛口ともに合いますよ。

☆スパークリングワインならこんなタイプ

「柔らかくほのかな甘みがあるもの」

 シャープな酸味のあるスパークリングは、泡の刺激で料理の辛みが増してしまうので、ちょっと甘みのある柔らかいものを選びましょう。辛みが増しても甘さがカバーしてくれますよ。赤のスパークリングワインもオススメです。

次のページエスニック料理にぴったりなワイン3選

KEYWORDS:

BACK NUMBER もっと見る

もっと見る

竹内 香奈子

たけうち かなこ

ソムリエ/ワインショップ「mista」店長。所属事務所パールダッシュ。



短大卒業後、ワインを独学で学び、2010年に日本ソムリエ協会「ソムリエ」の資格を取得。現在、大阪心斎橋のワインショップ「mista」の店長を務めながら、自身の経験や知識を元にワインを中心としたライフスタイルの提案を行っている。



◇オフィシャルブログ「竹内香奈子のお家飲みワインのススメ



◇「mistaワインセレクトショップ



◇ワイン酒屋mista 大阪府大阪市中央区東心斎橋2-5-27 ?06-6211-3923 営業時間:16時~22時 休日:土、日、祝日


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

おうち飲みワインレッスン
おうち飲みワインレッスン
  • 竹内 香奈子
  • 2014.03.21