時流に逆らってクルマ談義でも【森博嗣】連載「静かに生きて考える」第21回 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

時流に逆らってクルマ談義でも【森博嗣】連載「静かに生きて考える」第21回

森博嗣「静かに生きて考える」連載第21回

【今は乗りたいクルマがない?】

 

 作家になるまでは、高いクルマは買えなかった。幸い、好きなクルマを一括払いで買えるようになり、何台か所有するようにもなった。ただ、メンテナンスが忙しくなるから、実働のクルマは3台がせいぜいだろう。

 若い頃には、乗りたいクルマが沢山あって悩ましかったのだけれど、今はそうでもない。乗りたいクルマには、もう乗ってしまった。新しいクルマでは、欲しいものがない。

 現在の主力車は4WDで、寒冷地に住んでいるから必需。この1台以外は、雪道に弱い。奥様のクルマはリアドライブだから、数年まえに近所の雪道でスタックした(その後、スコップを載せている)。僕はあと1台、クラシックカーにも乗っていて、3日に1度はドライブに出かけているけれど、雨や雪の日にはこれには乗らない。いつ故障するかわからないので、万全の態勢で出かける。幸い、一度もそういった目には遭っていないけれど、いつまで乗れるか心配だ。

 乗ったクルマは、すべてガソリンエンジンである。ディーゼルに乗ってみようかな、と思った時期にドイツのメーカの不正が発覚した。「なんだ、そうだったのか」と思って、諦めた。ハイブリッドは、車重が重すぎる。

 電気自動車は、まだちょっとわからない。たとえば、庭で使う道具、草刈機やブロアや除雪車など、あるいはラジコンの飛行機やヘリコプタなどで、電動のものはとにかく使用時間が短い。また、バッテリィが数年で劣化し、そのバッテリィが非常に高価だ。それらから類推して、クルマでもまだちょっと無理なんじゃないか、と疑ってしまう。

 とはいえ、オースチン・ミニか、フィアット500か、スバル360の電動車を(当時のサイズのままで)作ってくれたら、たぶん買うだろう。多くは望まない。ただ、クルマを小さくしてほしい。

 

【自動車は、何が「自動」なのか】

 

 以前は「手動」だったのに、今では自動が当たり前なのが、ウィンドウである。僕のクラシックカーは、ぐるぐると手で回して窓を開ける。ロックも今のクルマは電動だし、ステアリングもパワステになっている。ギアチェンジも自動になった。

 しかし、運転する人間がいないとクルマは走らないのだから、まだ完全には「自動」とはいえない。自動運転は技術的に既可能だけれど、そうなってしまうと、タクシーや鉄道に乗るのと同じだから、自分のクルマを所有する気にはなれないだろう、と想像する。

 自分で運転を楽しむクルマは、将来「DIY」になるのだろうか?

 

夜に雪が舞うと朝の庭園はこうなる(犬がどこにいるかわかりますか?)。当地では、この程度は「霜」の部類で、「雪が降った」とか「積雪」とはいわない。

 

文:森博嗣

KEYWORDS:

✴︎KKベストセラーズ 森博嗣の好評既刊『道なき未知 Uncharted Unknown』✴︎

※上のカバー画像をクリックすると、Amazonサイトにジャンプします

オススメ記事

森博嗣

もり ひろし

1957年、愛知県生まれ。小説家、工学博士。某国立大学工学部助教授として勤務する傍ら、96年『すべてがFになる』で第一回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。以後『イナイ×イナイ』から始まるXシリーズや『スカイ・クロラ』など多くの作品を執筆し、人気を博している。ほかにも『工作少年の日々』『科学的とはどういう意味か』『孤独の価値』『本質を見通す100の講義』『作家の収支』『道なき未知』『アンチ整理術 Anti-Organizing Life』など著書多数。最新SF小説『リアルの私はどこにいる? Where Am I on the Real Side?』、森博嗣著/萩尾望都原作『トーマの心臓 Lost heart for Thoma』が好評発売中。9月21日に『新装版-ダウン・ツ・ヘヴン - Down to Heaven 』が発売予定。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-