中東でイラン相手に軍事行動に出たら日本は?<br /> |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

中東でイラン相手に軍事行動に出たら日本は?

【「現地妻国家」ニッポンの行く末(後編)】〈平貧〉の時代(16)

■「完全に一致」という決まり文句

 

 平和主義のせいで、自分の身を守る意思も能力もないまま、アメリカに従属することで存立と安全を確保している戦後日本は、同国の「極東現地妻」とも呼ぶべき国。

 しかも1980年代以後は、「対米協調路線」とか「日米同盟重視の姿勢」の名のもと、旦那たるアメリカに尽くすことこそ真に自立する道だという、ワケワカな錯覚にまで陥りました。

 となれば、向こうのいいようにされるのは必然の帰結。

 アメリカのNBCニュースは、5月末のトランプ訪日における安倍総理の姿勢を「相撲外交」(=自分から抱きつくことで、相手を打ち負かそうとする)と形容しましたが、旦那と現地妻が相撲を取ったところで、どちらが組み伏せられるかは明らかではないでしょうか?

 現に農産物の関税撤廃や引き下げについて、総理が譲歩してしまった可能性が高いことは、前編で触れたとおり。

 ならば安全保障についてはどうか。

 まず北朝鮮問題から行きましょう。

 5月27日に行われた首脳会談後の共同記者会見で、総理はこう発言しています。 

 最新の北朝鮮情勢を踏まえ、十分な時間をかけて方針の綿密なすりあわせを行った。日米の立場は完全に一致している。

 外交問題について、総理が「日米の立場は完全に一致」と強調するのは、今に始まったことではありません。

 いわば決まり文句にすぎないのですが・・・

 

■ミサイル発射を気にしない総理

 問題は首脳会談をめぐって、次のような報道がなされている点です。

 
 (トランプは)今月に入って短距離ミサイルを2度発射した北朝鮮については、米朝の間に「大きな敬意が築かれている」と述べ、「北朝鮮に関しては今後、多くの良いことがあるだろう」「われわれの間には大きな進展があった」と強調した。

 (カッコは引用者、以下同じ)

 ついでに前日の26日、トランプはこんなツイートも。

 北朝鮮は何やらちっぽけな兵器を発射した。わが国では一部の連中が騒いだし、他国でも騒いだ者がいるようだが、オレは動じないね。金正恩委員長は約束を守ると信じている。
 泥沼野郎ジョー・バイデンについて、あいつがアンポンタンだの何だのと貶したときは、オレも笑ったよ。もしかして、金正恩は「仲良くやろう」と遠回しに伝えてきたのかな?

(※)拙訳、以下同じ。ジョー・バイデンはオバマ政権の時の副大統領。来年の大統領選では、民主党の大統領候補最有力と目されます。

 

 首脳会談後の記者会見でも、北朝鮮の短距離ミサイル発射を気にしないのかと聞かれて「いや、全然。個人的には気にならないね」と答えていました。

 

 要約すれば以下の通り。

1)トランプは金正恩にたいして深い敬意を持っている。

2)トランプは最近の北朝鮮のミサイル発射を気にしていない。

3)北朝鮮について、日米の立場は完全に一致している。

 

 すると論理的にいって、こういう話になります。

1)安倍総理も金正恩にたいして深い敬意を持っている。

2)安倍総理も最近の北朝鮮のミサイル発射を気にしていない。

 

 けれども北の短距離ミサイル、アメリカにこそ届きませんが、日本は射程に入っているのです!

KEYWORDS:

オススメ記事

佐藤 健志

さとう けんじ

佐藤健志(さとう・けんじ)
 1966年、東京生まれ。評論家・作家。東京大学教養学部卒業。
 1989年、戯曲『ブロークン・ジャパニーズ』で、文化庁舞台芸術創作奨励特別賞を当時の最年少で受賞。1990年、最初の単行本となる小説『チングー・韓国の友人』(新潮社)を刊行した。
 1992年の『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義』(文藝春秋)より、作劇術の観点から時代や社会を分析する独自の評論活動を展開。これは21世紀に入り、政治、経済、歴史、思想、文化などの多角的な切り口を融合した、戦後日本、さらには近代日本の本質をめぐる体系的探求へと成熟する。
 主著に『平和主義は貧困への道』(KKベストセラーズ)、『右の売国、左の亡国 2020s ファイナルカット』(経営科学出版)、『僕たちは戦後史を知らない』(祥伝社)、『バラバラ殺人の文明論』(PHP研究所)、『夢見られた近代』(NTT出版)、『本格保守宣言』(新潮新書)など。共著に『対論「炎上」日本のメカニズム』(文春新書)、『国家のツジツマ』( VNC)、訳書に『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』( PHP研究所)、『コモン・センス 完全版』(同)がある。『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』は2020年12月、文庫版としてリニューアルされた(PHP文庫。解説=中野剛志氏)。
 2019年いらい、経営科学出版よりオンライン講座を配信。『痛快! 戦後ニッポンの正体』全3巻に続き、現在は『佐藤健志のニッポン崩壊の研究』全3巻が制作されている。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
  • 佐藤 健志
  • 2018.09.15