【身長166センチのラグビー日本代表。「小ささ」との向き合い方】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

身長166センチのラグビー日本代表。「小ささ」との向き合い方

2019W杯でも大活躍中の田中史朗さんインタビュー

容姿や性格、体型、生まれ育った環境…人は皆、大なり小なりコンプレックスを抱えて生きている。「もうこんな自分は嫌だ…」とわたしたちは、自分を否定してしまいがち。しかし各界の最前線には、むしろそれをポジティブにとらえ、バネにしている人がいる。例えば、ラグビー日本代表の田中史朗さん。日本代表として、2015年W杯南ア撃破に貢献。世界最高峰のスーパーラグビーで優勝も経験しているレジェンドだ(現在開催中の2019年W杯でも大活躍)。田中さんの身長は166センチ。フィジカルがモノを言う競技で、「小さい」こととどう向きあい、活躍の糧にしてきたのか。

■背の順でずっと1番前。大きくなりたかった

 

 小さいこと、昔はコンプレックスでした。小学校、中学校、高校と、…たまに2番がありましたけど、学校でもだいたい1番前。中学1年生のときで138センチだったかな。嫌だったのは、集合写真のとき。別にいじめられていたわけではないんですが、友達から「はよ前に行けよ」と言われて前に座るのが嫌で。

 大きくなりたいと思って中学時代は牛乳を1.5リットル、毎日飲んでいました。1リットルじゃ足りないと。毎日夜中下痢に悩まされながら続けました(笑)。でもあまり効果はなかったですね。

 結果的に小さかったからこそ、負けず嫌いになれたのかもしれません。大きい人には負けたくなかった。高校時代は体格のいいチームメイトと、トレーニングのたびに張り合っていました。彼が100m走ったらぼくは110m、また彼が120m走ってぼくが130m…。そんな感じで競い合っていくうちに高校日本代表にも選んでもらいました。高校の先生には「お前は小さくてもスピードがある」と言われ、そこから「スピード」も小さい自分の武器として意識するようになりました。

次のページ小さいぼくは狙われる。それを逆手に。

KEYWORDS:

オススメ記事

田中 史朗

たなか ふみあき

ラグビー日本代表

1985年1月3日生まれ、京都府出身。166センチ72キロ。トップリーグのパナソニック(元三洋電機)ワイルドナイツ、スーパーラグビーのハイランダーズに所属する、日本代表スクラムハーフ。上鳥羽小学校4年時にラグビーと出会い、洛南中学校で本格的にラグビーを始める。当時のポジションはスタンドオフ。名門・伏見工業高校でスクラムハーフに転向し、2年時の全国大会京都府予選戦決勝で敗れたのを機に、スーパー12(現スーパーラグビー)の映像を見ながら研鑽を重ねるようになる。3年時は花園ベスト4となり、高校日本代表にも選出。進学した京都産業大学ではU-19日本代表に2年連続で選ばれ、ニュージーランド留学も経てさらに成長。4年時の全国大学選手権ではベスト4入りに貢献する。トップリーグ・三洋電機の1年目にはベストフィフティーンと新人賞をダブル受賞し、以後9シーズンもの間チームに大きく貢献中。2013年2月、ハイランダーズの開幕戦にリザーブで出場し、日本人初のスーパーラグビープレーヤーに。3年目の2015年シーズンにはハイランダーズのスーパーラグビー初優勝に大いに貢献した。2014年11月にはバーバリアンズに日本人選手として3人目の選出。日本代表には2008年に初選出され、2011年、2015年のラグビーワールドカップに2大会連続で出場。2015年大会は全4試合に先発出場し、歴史的勝利を挙げた南アフリカ戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるなど大活躍。日本ラグビーー界のレジェンド。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

負けるぐらいなら、嫌われる~ラグビー日本代表、小さきサムライの覚悟
負けるぐらいなら、嫌われる~ラグビー日本代表、小さきサムライの覚悟
  • 田中 史朗
  • 2016.01.23