はつらつと老いる力

はつらつと老いる力
著者:帯津 良一
amazon 7net 紀伊国屋書店 楽天ブックス TSUTAYA e-hon honto HonyaClub ブックサービス
定価:(税8%) 928円
刊行年 : 2019.01.15
ISBNコード : 978-4584125991
内容紹介

「病は気から」という言葉の通り、健康は心の持ち方で変わるもので、病気を恐れて「あれはダメこれはダメ」など何かと制限してしまうのは健康法に非ず。とくに“人生100年時代”を生きるシニア層にとって重要なのは”好きなものを食べ、好きなことをして「こころ」をときめかせながら、毎日取り組めるもの。それこそが本当の健康法なのである。本書は82歳にして現役バリバリの医師であり「ホリスティック医学」の第一人者である著者がしたためた、シルバー世代が人生を謳歌するための“粋な生き方”を伝授する指南書である。

 

第一章 「こころ」の章

第二章 「いのち」の章

第三章 「生」の章

第四章 「気」の章

第五章 「老い」の章

第六章 「死」の章

 

帯津流「粋な生き方」のススメ!

・辛いことも避けずに楽しむ

・栄養バランスより「食べる喜び」を優先

・ちょっと羽目を外すくらいが丁度いい

・寒い冬は日本酒のお燗と鍋がいい

・旬を楽しむ、季節を喜ぶ

・老いらくの恋もいいじゃない

・寝る時間は短い方がいい

・吐く息に気持ちを込める

・病を得てなお人のために尽力する

・今日が最後だと思って生きる

著者プロフィール

1936年生まれ。東京大学医学部卒業。医学博士。帯津三敬病院名誉院長。日本ホリスティック医学協会名誉会長。日本ホメオパシー医学会理事長。東京大学医学部第三外科、都立駒込病院勤務を経て、1982年に帯津三敬病院、2005年に帯津三敬塾クリニックを開設する。西洋医学と東洋医学を融合する「ホリスティック医学」を実践し、ガン患者などの治療に当たっている。また、代替療法への造詣が深く、講演や大学での講義も行なっている。著書に『不養生訓』(山と渓谷社)、『健康問答』(五木寛之氏との共書/平凡社)、『呼吸はだいじ』(マガジンハウス)など多数。

PAGE TOP