logo TOPページへ
i-modeサイト
検索 カートを見る ご利用方法
カートを見る ご利用方法
雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
Magazines 競馬最強の法則最新号へ

今、競馬が面白い!
【最新】
馬券術・情報マガジン
2016年4月号
雑誌表紙
毎月13日発売
定価960円
雑誌コード:03559-04
年間購読申し込み
amazonで購入する
→バックナンバーへ

→競馬関連書籍へ
見開き1
見開き2
見開き3

2016年【完全保存版】

JRAオッズを見るだけで
カネ捨てる人、
大儲けできる人の馬券術

■特別袋とじ【地獄の早耳】
激ネタSPECIAL
騎手たちの“隠し事”洗いざらいバラす

ディープインパクト全7冠の
特製QUOカード等がもらえる!
最強の予想大会BTS CUP開催中→



●初公開!単勝万馬券〜1倍台――秘密の法則を暴く!!
JRAオッズを見るだけでカネ捨てる人、大儲けできる人の馬券術
IT技術の進化によって、SNSなどのビッグデータから、人々の真の動向が明らかになってきている昨今。
競馬の世界も“オッズ”という巨大なデータを解析していくと、我々が知らぬ間に変化している大きな“競馬の動き”が見つかることがある。
今回、我々が出会ってしまったデータは、馬券ファンなら誰でも重要視する1番人気が「年々信頼度を失っている」という驚愕の事実だった。
もはや、1番人気を軸に馬券を買っているだけでは儲からない。
そこで特集1では、この事実をベースに「買ってはいけない1番人気」を精査。
続く特集2では、お手軽に使えるオッズ作戦20本をお届けしよう!


●先取り!緊急特別企画
史上最強レベル!3歳牡馬【クラシック候補馬】を丸裸にする!
古くはトウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスの「TTG世代」。
あるいは、アグネスタキオン、ジャングルポケット、クロフネらが覇を競った「2001年クラシック世代」。
近年では、ヴィクトワールピサやエイシンフラッシュ、ルーラーシップらが鎬を削った「2010年世代」。
競馬ファンの楽しみは馬券を当てることだけでなく、何年かに一度の、こうした「素質馬の当たり年」を目の当たりにできることにもある。
そして今年、2013年生まれの3歳牡馬たちは、過去のどの最強世代をも上回る可能性のある逸材が揃っている。
そこで本誌は春のクラシックを間近に控え、これら“未来のスターホース”の強さと魅力に迫ってみる。
今年、あなたは“伝説のクラシック”を目撃できるかもしれない。


●初公開 走る馬の秘密はココにあった!
馬体重12%の斤量術
「1キロ=1馬身」。
負担重量のJRA補正について、今もこう信じている人は多いだろう。
もちろん大雑把にいえば、この目安は間違ってはいない。
だが当然、その斤量が及ぼす影響は様々な条件によって大きく異なってくる。
芝・ダート、距離やコース形態などのレース条件はもちろんだが、なかでも影響が大きいのが「馬体重」。
大きな馬が背負う「3キロ」と小さな馬が背負う「3キロ」では、その意味合いが異なってくる。
また最近は、競走馬の育成技術向上により馬への負担が変化してきているとも聞く。
そこで今回は、“斤量”に着目して馬券研究をしている柴山徹氏に話を聞き、最新の斤量事情を聞いた。


●ターザン炎上!競馬デスマッチ
メジャーエンブレム無敵伝説のはじまり――vs田村康仁調教師
阪神JFを制し、昨年の2歳女王に輝いたメジャーエンブレムが始動戦・クイーンCを危なげなく勝利。
単勝1.3倍という圧倒的な支持に応えて桜花賞へと名乗りをあげた。
馬っぷりはもちろん、最強オーラたっぷりの存在感から「牝馬クラシック当確」との呼び声高いこの馬を管理するのが、田村康仁師だ。
親子三代続く調教師家系だが、桜花賞はその祖父・仁三郎師が第一回(当時は中山四歳牝馬特別というレース名だった)を制しているという縁を持つ。
馬の血統だけでなく、関わるホースマンの“血脈”にも注目が集まるメジャーエンブレムの強さに、ターザンが迫った!


●春のGI【攻略第一弾】これが大穴を仕留める方法だ!
桜花賞、高松宮記念
今年の桜花賞と高松宮記念は馬券的な妙味がすこぶる高い。
前者はメジャーエンブレムという核こそあれど、2月末現在、次点に名の挙がる馬がゴロゴロいる。
かたや後者は、昨年の覇者エアロヴェロシティを迎え撃つ日本勢に確固たる対抗馬がいない。
いずれも10回やれば10通りの結末が待っていそうな様相だ。
そこで、桜花賞は多角的なデータ分析で、高松宮記念はふたりの馬券師の強力タッグで、読者諸兄を大穴的中という甘美な春へと誘ってみたい。  


●名手・安藤勝己が一刀両断!
競馬 アンカツの流儀
いよいよ、春のGI戦線が本格的にスタートする。
本誌が発売される頃に該当するレースは高松宮記念(3月27日)、桜花賞(4月10日)だ。月刊誌の宿命で、まだ、メンバーが流動的な段階での想定を見ながらの展望となる。
特に桜花賞は2月下旬の時点ではメジャーエンブレム1強の形勢を呈している。
さて、アンカツさんの読みは、どうだ?


●清水成駿【仁義なき勝負の鉄則】
人気を裏切る奴はどいつだ!?
■桜花賞を読み斬る!
・オレが言った通りに馬券は決まっていく!?
・メジャーエンブレムの敵はM・デムーロ!?

■高松宮記念を読み斬る!
・ミッキーアイルの着順はジョッキー次第


●三冠王・小林弘明の
熱風!競馬道
菜七子ちゃんとミルコがイキナリ同じレースで叩き合う!?今こそ真剣に検討したい『騎手免許の一元化』


●凄腕!若手予想家・今川秀樹の
馬券術 競馬3点突破論
・進言1「もう一度、見直せっ!そして再度勝負の大海へっ……」
・進言2「突破口は……必ずあるっ!ありうるっ!」

全ては儲けのために……! 個性ゆたかな連載企画がてんこ盛り!
勝ち続けている人気ソフト! カネになる即買い馬
1番人気天国の東海。名古屋大賞典も然り! KEIBA DATE SCOPE
日本人ジョッキーたちの低迷 水上学の直言居士
岩田康誠騎手の空転するスプリング乗り 政治騎手
発見!儲け話の裏ノウハウ 馬券ブラックジャーナル
今月の重賞 大穴必中大作戦
新聞、ネットでは絶対読めない トレセン最前線
サトノダイヤモンドが強すぎてびっくりぽん! POGバトル
高配当を仕留める究極のスピード指数 TARGET最強版
about us 会社案内 プライバシーポリシー お問い合わせ 求人案内
copyrights