雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
新編・調教師 伊藤雄二の確かな目 真相

著  者 鶴木遵
定価(税8%) \720
( 本体価格 \667 )
判  型 文庫
刊 行 年 2009.11.20
ISBNコード 978-4-584-39287-4

Amazonで購入

「競馬最強の法則」誌に連載され好評を博した「調教師伊藤雄二の確かな目」新編集文庫化第2弾です。
1999年、後に一時代を築く名馬テイエムオペラオーがクラシックシーンに登場、皐月賞を制す。それから10年・・オペラオー、ナリタトップロード、アドマイヤベガの三強時代からアグネスデジタル、アグネスタキオン、ジャングルポケット、クロフネ、マンハッタンカフェ、タニノギムレット、シンボリクリスエス、ネオユニヴァース、スティルインラブら群雄割拠の時代へ。そしてディープインパクト、ダイワスカーレット、ウオッカの現在。名伯楽・伊藤雄二が見た名馬・名勝負の真実とは――。ウオッカVSダイワスカーレットなど単行本未収録部分も加筆修正のうえ、収録しています。
最新インタビューとして●ウオッカと武豊と天皇賞●騎手安藤勝己に今、言いたいこと●騎手藤田伸二の再生●ディープインパクトの仔たち――など収録。
 とくに、ブエナビスタで失態続き、スプリンターズSのビービーガルダンをハナ差負けでこかした安藤勝己騎手には「トップジョッキーとして自覚してほしいことがある!」とキツイ言葉のグーパンチが!
 既刊の第1弾、『新編・調教師伊藤雄二の確かな目 警鐘』と合わせて、ご覧ください!
鶴木遵(つるき じゅん)

愛知県三河出身。その後、麻布高校を経て、早稲田大学第一文学部演劇科中退。騎手や調教師を丁寧に取材して描く、その独特な競馬論は、読者からの信頼も厚く共感を得ている。主な著書に『ザ・ジョッキー勝者の法則』『チャンピオンは眠らない』(小社刊)、『騎手柴田政人の流儀』(白夜書房)。そして1970年代のいかにも熱かった演劇界を描いたノンフィクション『李麗仙という名の女優』(アートン)等がある。現在、さらなる境地を開く空想物語『妖説木華開耶姫(このはなさくやひめ)譚』を構想中である。



伊藤雄二(いとう ゆうじ)1937年、大阪府出身。59年、騎手デビュー。66年、29歳で騎手引退、調教師に転身。2007年、定年により調教師引退。

●管理馬の出走回数7501回−1155勝・重賞77勝・GT(GT級含む)13勝
●1977年、皐月賞をハードバージでGT級、クラシック初制覇
●1987年、マックスビューティで桜花賞、オークスの牝馬二冠
●1989年、武豊騎乗のシャダイカグラで桜花賞制覇
●1991年、ダイイチルビーで安田記念、スプリンターズS制覇
●1993年、柴田政人騎乗ウイニングチケットでダービーに勝つ
●1997年、牝馬エアグルーヴが天皇賞・秋を制覇
●2002年、ファインモーションが秋華賞、エリザベス女王杯とGT連勝
●2005年、エアメサイアで秋華賞制覇、これが最後のGT制覇となる。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights