雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
ヴァルハラの戦姫  〜戦闘国家の饗宴〜

著  者 深闇文貴
イラスト 野上武志
定価(税8%) \967
( 本体価格 \895 )
判  型 新書
刊 行 年 2007.06.05
ISBNコード 978-4-584-17953-6

Amazonで購入

<英雄降臨>
天上の神話世界ヴァルハラでは、戦場で落命した英雄たちが、戦乙女ことヴァルキューレに導かれ、続々集まっていた。
ドイツ第三帝国の“戦車エース”ミヒャエル=ヴィットマンは、「ミカエラ・ヴィットマン」(♀)として甦った。天上の神「ヘリアン少年」はそんな彼(彼女?)に、かつての祖国指導者が敵と手を結び、世界征服をすべく侵攻準備中であると告げた。
おとこ(?)おんな(?)はともかく、ヴィットマンはティーガーを駆って敵に立ち向かうことを決意する。
深闇文貴(みやみ ふみたか)
別名義で「ラストエグザイル」「ガン×ソード」「ストライクウィッチーズ」などの各種アニメの企画、文芸、SF・軍事考証、脚本などを手がけつつ、「デストロイオールヒューマンズ」などのゲームにも参加。最近はコミックの原案や、萌えミリタリー雑誌でも連載中。


野上武志(のがみ たけし)

座右の銘は「伊達と酔狂」のマンガ家。ダメサラリーマンを経て2000年に読みきり「RUN MEROS RUN」でデビュー。普通にえっちな漫画とか戦車がえっちな漫画とか戦艦がえっちな漫画とか描いてます。
表紙イラストで壁紙を作りました!

ダウンロードはこちら!


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights