雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方

著  者 赤羽雄二
定価(税8%) \1,450
( 本体価格 \1,343 )
判  型 四六並製
刊 行 年 2015.05.15
ISBNコード 978-4-584-13648-5

Amazonで購入

とっさの質問も怖くない!
どんなときでも自分の意見がはっきり言える!
 
■上司に突っ込まれた時、会議で発言を迫られた時、
頭が真っ白になったことはありませんか?
■発言の用意はちゃんとしていたのに、
焦れば焦るほど何も言葉が浮かばなくなったことはありませんか?
■最初は普通に話せていたのに、
不意な質問をされて頭の中が飛んでしまったことはありませんか?

本書にある、ちょっとした「思考の習慣」を変えるだけで
突っ込まれても「負けない頭」をつくれる。
14年間、マッキンゼーで活躍してきた著者が解説する、
誰にでもできるコミュニケーションの極意。

『「話し方が上手いな」と思える人をよく観察してみると、
話し方が上手というよりは、話の内容がしっかりしていて、
自信を持って発言しているのがわかります。
要は、普段の考え方や心の持ちようが違っているので、
頭が整理されていて、混乱することがないのです。
本書では、主にそうした、コミュニケーションに必要な普段の考え方、
心の持ちようについて解説しました。誰もが体得できるように、
自然に身につくプロセスについて多くのページを割きました。
まずは実践していただければ、その効果がすぐに感じられることばかりです。
ぜひ本書に書かれた内容をすぐに始めていただき、
「真っ白にならない」「負けない」頭を作り上げてほしいと願っています。』
赤羽雄二(あかば ゆうじ)

東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。
1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。
1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。
1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、 120名強に成長させる。原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。
2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。 最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。
主な著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』(ダイヤモンド社)、『世界基準の上司』(KADOKAWA中経出版)、『世界一シンプルなこころの整理法』(朝日新聞出版)、『7日で作る事業計画書』(明日香出版社)、『頭を前向きにする習慣』(幻冬舎エデュケーション新書)がある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights