雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
ハイパフォーマー思考

著  者 上野啓樹
定価(税8%) \1,540
( 本体価格 \1,426 )
判  型 四六並製
刊 行 年 2015.04.20
ISBNコード 978-4-584-13644-7

Amazonで購入

「一流の人」=「ハイパフォーマー」の思考に始まり、生活習慣術を紹介。「やり方」を変えたがる二流の人ではなく、「考え方」から変える一流の人=ハイパフォーマーの成功鉄則を完全網羅。人生において、すべてがうまく回り始める、究極の思考術。

第1章 「何を食べるか」ではなく、「何を食べないか」

第2章 食べ過ぎがあなたから奪っているもの

第3章 「疲れた」と1日2回以上感じる人にならない戦略

第4章 戦略的な考え方とやり方を習慣にする

第5章 ハイパフォーマーになるための10の思考
上野啓樹(ウエノ ケイジュ)

1975年下関市生まれ。大学卒業後、ガス会社の営業を経て役場建設課に勤務。 公務員時代に生活習慣の乱れから今より15s以上も激太り。デブ人生に終りを告げるべく、 栄養士・保健士・ジムトレーナー等にダイエット指導を受け3ヶ月で 600回以上も日参する。当時あったダイエット方法を片っ端から試し自らの身体で人体実験を繰り返す。世のダイエット方法は「痩せる。減量する。」ことが目標であり、仮にその目標を達成しても体調不良になったり、便秘やむくみなどの改善はできない。
また、「栄養が足りないから足す」が原則だけど、今の日本人で栄養不足で病気になる人は少なく、逆に栄養過多で病気になる人が殆どであるという事実があることから、世のダイエット法が間違っていることに気付く。試行錯誤の結果、人生最後のダイエット法を確立。 顔色や食べ方を見るだけでその人の健康状態が一瞬で分かるまでになる。どんなダイエット法でも効果がなかった女性が、上野自身のダイエット経験を伝えただけで1ヶ月で3 キロのダイエットに成功。今では極端な食事制限や運動を禁止し、 30日間のダイエット日報を活用しながら習慣を変えていく カロリー計算なしのプログラム卒業生は 1,600人を超える。
体型、肌の艶、肩こり、便秘やむくみ等の体質改善はもちろん、心の健康も取り戻すことから 「ミス・ユニバースジャパン福岡・長崎大会」の管理指導者も歴任。2014ミス・ユニバースジャパン日本代表の辻恵子、2015同代表の宮本エリアナはそれぞれ教え子。生活習慣から人生を変える人生最後のダイエット法を世に広めるために、2013年「ダイエットアカデミー」を開校。現在、東京校、福岡校で活動中。
著書に『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』(共著・クロスメディア・パブリッシング刊)がある。単著はこの本が初になる。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights