雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
一言で印象が変わる さすがと思われる話し方

著  者 本郷陽二
定価(税8%) \864
( 本体価格 \800 )
判  型 新書並製
刊 行 年 2017.03.09
ISBNコード 978-4-584-12544-1

Amazonで購入

自己紹介はきちんとした言葉遣いの見せどころ

仕事場で初めて合う人と話す場合、自己紹介の方法は、日常とは少し異なります。
周囲の人とコミュニケーションをとる貴重なチャンスですから、この時を利用して、できるだけ好印象を与えたいものです。
好感を持って名前と顔を覚えてもらえるような挨拶にするには、できるだけきちんとした日本語で、ハキハキと明瞭に話すことが肝心です。
第一印象は、その人のイメージを決定づける大事なものですから、この際、ほんの一言で「さすが」と思われる話し方を覚えておきましょう。
本郷陽二(ほんごう ようじ)

1946年東京都生まれ。幸運社代表。早稲田大学文学部卒業。光文社カッパブックス編集部でベストセラーとなった『冠婚葬祭入門』(塩月弥栄子著)のシリーズなどを担当。その後、話し方や歴史関係の著作、プロデュースで活躍。
主な著書に『日本人が「9割間違える」日本語』(PHP研究所)、『頭がいい人の敬語の使い方』(日本文芸社)、『人を動かす「ほめ言葉」』(中央公論新社)、『「知」の強化書』(小学館)、『使いこなしてみたい「和」の言葉』(実務教育出版)などがある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights