雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
象徴天皇「高齢譲位」の真相

著  者 所 功
定価(税8%) \950
( 本体価格 \880 )
判  型 新書並製
刊 行 年 2017.01.07
ISBNコード 978-4-584-12541-0

Amazonで購入

今の陛下は、天皇を国家・国民統合の象徴と定める日本国憲法により即位され、積極的に象徴の役割を果たしてこられた、それが高齢化により困難となる手前で、自ら譲位を決断された。その叡慮を尊重するのは、日本国民の良識であ理、政府・国会の責務であろう。本書は平成28年8月8日の「お言葉」の真意を読み解き、その背景にある原稿憲法と皇室典範の全容を解説した上で、法整備の具体的な解決策と今後の課題を示す。

● 有識者会議のメンバーであり、皇室制度及び典範の研究の第一人者である著者が「生前退位」問題と解決法、今後の展開を詳細に解明!
●歴代天皇の皇位継承がわかる系図や、今上天皇の略年表など、図版や資料を豊富に掲載。歴代天皇から現代の皇室まで理解できる1冊!
所 功(ところ いさお)

昭和16年(1941)12月岐阜県出身。名古屋大学史学科・同大学院修士課程卒業。皇學館大学助教授・文部省教科書調査官を経て同56年(1981)より京都産業大学教授。法学博士(慶應義塾大学、日本法制文化史)。平成24年(2012)より京都産業大学名誉教授、モラロジー研究所教授。主な著書に『皇室典範と女性宮家』『伊勢神宮と日本文化』( 勉誠出版)、『皇位継承のあり方』(PHP新書)、『天皇の「まつりごと」』(NHK新書)、『歴代天皇の実像』『皇室に学ぶ徳育』(モラロジー研究所)代表編著に『皇室事典』(角川学芸出版)、『日本年号史大事典』(雄山閣)など。
【お詫びと訂正】
2017年1月6日発売、所功著『象徴天皇「高齢譲位」の真相』において誤りがございました。読者の皆様ならびに関係各位にご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、ここに訂正いたします。

215ページ 表1段
〈訂正前〉京都産業大学 〈訂正後〉東京大学


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights