札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ&個性的な5人のスペシャリストが採点、論評! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 クリックでバックショットをチェック!

【評者の採点】 
 今日のコーデは…

88点!!(100点中)

「今ドキ珍しいファッションバカだな。
   攻める姿勢が最高だぜ!」

遠山 洵くん・東京
(20歳)美容師 身長184cm

前回もやられちゃったけど、今回もいいね! 遠山よ、ファッショニスタがうようよしてる原宿でも、かなり目立ってるぜ!! 身長も184cmだろ、そりゃハイブランドも似合うよな。本田圭佑に似てるけどさ、彼よりずっとおしゃれに見えるよ。着てるブランドがすごいよね。ジル・サンダーにプラダだろ、そんでラフ シモンズだよ。俺も若い頃にはさ、給料全部つぎ込んで服買ってたよなあ。もうね、ファッションバカだよ完全に。彼にもそんなニオイを感じる。大歓迎だね。コーディネイトもいいじゃないの。やっぱり攻めたボトムスがいいよね。トップスは黒のロングコートに白ニットだろ、まあ普通だよな。そこに艶感のあるパンツを大きくロールアップ、編上げブーツの挿し色をあえて見せるところが洒落者だね。ロールアップのアンバランス感も計算しつくされてるし、ホントにおしゃれが好きなんだな。顔もイケメンだから、またオネエのアンニュイ村上に紹介だな。

古着のコート約2000円
古着のインナー約3万円/プラダ
古着のパンツ約2万円/ジル・サンダー
シューズ約9万円/ラフ シモンズ
 

写真を拡大シューズに9万円出すってことはよっぽど欲しかったんだろうな。長く使えるデザインでもないし、こういうものにお金を出せるってのはホントにすごいことだと思うぜ。

※本日のスナップ評者※ 

 

 

ブラボー松野

未だに毎夜クラブに繰り出すアラフォー。「いい服を着ないやつは2流」が口癖。これまで服につぎ込んだ額で軽く家が建つらしい。