札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ&個性的な5人のスペシャリストが採点、論評! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 クリックでバックショットをチェック!

 今日のコーデは…
85点!!(100点中)

「ブランドってやっぱり大事なんだよ。
その人のセンスがそのまま出るからね!」

宮本一輝くん・大阪
(21歳)関西学院大学 身長171cm

いやーやられちゃったね。何にかって? そりゃカンガルーマークのアレに決まってるよ。昔のクラバーはみんなかぶってたんだ。フロアに出れば、ここはオーストラリアの草原かってぐらいにうじゃうじゃしてた。んっ何のことかって? 〈KANGOL〉のキャップに決まってるだろ!  もうね、これだけでアラフォーは胸アツなんだよな。あと、アウターが〈マイティー マック〉ってのもいいよな。これ、テント地で作ってあって、野生の男気ムンムンだろ。硬派な〈マイティー マック〉にちょい軟派な〈KANGOL〉っていう、ブランドチョイスが最高なんだよ! このミックス感ね。バイブスを感じるぜ!! 最後にトータルコーデについて触れておかないとな。おい宮本! いいじゃないか!! タイトめに仕立てたロングコートに、ややワイドなジーンズをロールアップして合わせることで、キレイなIラインの完成だ。こいつはかなりのおしゃん野郎だぜ!

ロングコート約4万円/マイティー マック×ジャーナル スタンダード レリューム
パンツ/ノーブランド
シューズ約1万2000円/オニツカタイガー
キャップ約4000円/KANGOL
バッグ約3万円/BROWN RC

写真を拡大 もうね、このマーク見ただけでミュージックが聞こえてくるよ。いいセンスしてるね。
写真を拡大 レッドのワンポイントがいいね。正直、真っ黒のバックパックは見飽きたからなー。
写真を拡大 オニツカタイガーなんて渋いよな。シューレスってのがイケてる。おしゃんだね!

※本日のスナップ評者※ 

 

 

ブラボー松野

未だに毎夜クラブに繰り出すアラフォー。男気がない軟弱なファッションは認めない。口癖は「胸熱」「おしゃん」。KANGOLのベレー帽は20個以上もっているらしい。