素朴な疑問。日本はどこまで堕ちていくんですかね?【適菜収】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

素朴な疑問。日本はどこまで堕ちていくんですかね?【適菜収】

【隔週連載】だから何度も言ったのに 第15回

百田尚樹の『日本国紀』が文庫化により再炎上した記憶も新しい。日本を代表する日本文化の破壊者であることは間違いない。

■まともな日本語も使えないラノベ作家

 

 ラノベ作家の百田尚樹が「日本はなぜ、中国の脅威を感じながらも適切な対抗策を取れないのか」を分析したそうな。百田によると、その背景には日本人の勘違いに基づいた「中国への憧れ」があるという。

《皆なんとなく『史記』が好きだし、時代作家は『三国志』を書きたがる。江戸時代の儒学者はとくにそうですが、長い間、日本人の間には中国は「歴史ある偉大な国」「文明的ないい国」だという誤解があった》

《そもそも、なぜ学校で「漢文」の授業があるのか。英語と違って使う機会なんてないし、あれは趣味の世界だと思うんです》

《実際の中国は、異民族が次々に侵入してきては王朝を打ち立ててきた歴史です。易姓革命で王朝が変わるたびに民衆の大虐殺が行われてきた。そんな歴史のどこがいいというのでしょうか》

《上杉謙信の美談となっている「敵に塩を送る」なんてメンタリティは中国人には通用しません。どんな手を使っても、とにかく勝ちさえすればいいというのが中国の文化なのです》

《それを考えれば、現在も中国に対する漠然とした憧れを持つことはやめるべきだし、そんな勘違いを育む漢文の授業も廃止したらいいのです》

 あまりにバカすぎて、どこからツッコめばいいのかわからないが、百田が言うように王朝が変わってきたなら、『史記』や『三国志』の時代とはまったく違う現在の中国と並べて論じること自体がアホ。謙信が塩を送ったというのも、後世の創作である。歴史を知らないのなら、口を出さなければいい。

    *

 以前、百田はこんなツイートをしていた。

《フォロワーの皆様、本当にすみません…私は異常に沸点が高くて…ホント、子供の頃から、このせいですぐにケンカになります。大人になって、我慢することを覚えたのですが、気が立っている時は、抑えが効かなくなります》

 それを言うなら、「異常に沸点が低くて」だろう。

 まともな日本語も使えない人間の与太を垂れ流すメディアも問題だ。

    *

次のページ自民党歴代総理・重鎮が指摘する安倍の危険性

KEYWORDS:

◆KKベストセラーズ 適菜収の好評既刊◆

 

※上のカバー画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします

オススメ記事

適菜 収

てきな おさむ

1975年山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』、『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?」(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『遅読術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、清水忠史との共著『日本共産党政権奪取の条件』(KKベストセラーズ)など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。https://foomii.com/00171


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

思想の免疫力: 賢者はいかにして危機を乗り越えたか
思想の免疫力: 賢者はいかにして危機を乗り越えたか
  • 中野剛志
  • 2021.08.12
日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
  • 適菜 収
  • 2020.11.05
国賊論
国賊論
  • 収, 適菜
  • 2020.04.21