タレントのほんこんがウクライナ情勢を語る時代がやってきた【適菜収】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

タレントのほんこんがウクライナ情勢を語る時代がやってきた【適菜収】

【隔週連載】だから何度も言ったのに 第12回

ロシアのウラジミール・プーチン大統領は2月21日、ウクライナ東部の独立派の反政府勢力が掌握する2つの地域を独立国家として承認、さらに軍の派遣を命令した。

 

■バカメディアが出した数字に踊るバカ

 

 小泉純一郎、菅直人ら5人の首相経験者が、東京電力福島第1原発事故の影響で福島県で多くの子供たちが甲状腺がんに苦しんでいるとの書簡をEU欧州委員会に送った問題で、日本維新の会が、風評の払拭に向けた情報発信を政府に求める国会決議を行うよう、自民、立憲民主に申し入れた。

 これに関し「夕刊フジ」は緊急アンケートを実施。アンケートは18日午前10時から午後10時まで、夕刊フジの公式サイトzakzakで行い、回答者は564人。

《質問》元首相5人が「原発事故の影響で福島の子供たちに健康被害が生じた」とする書簡をEUの欧州委員会に送った問題で、日本維新の会が5人への国会非難決議を他党に呼びかけています。皆さんはどう考えますか。

 

非難決議すべき 93・8%

決議は必要ない 4・4%

分からない・その他 1・8%

 

 脱力するよね。頭が悪すぎる。国会非難決議に賛成とか反対とかそれ以前の話。これは「夕刊フジ」のサイトを見た人間のさらに一部の反応にすぎない。当たり前の話だが、統計学的な手法を用いていないもの、つまり、標本が無作為抽出(ランダム・サンプリング)でなければゴミと同じ。そもそもネットでは無作為抽出ができないので93・8%という数字はまったく意味がない。これ中学生でもわかるような話だけど、フジサンケイってどこまで劣化するんですかね。

    *

 この調査結果について維新の馬場伸幸は「元首相5人と比べ、国民の方が東北の皆さんの心に寄り添っていることが証明された。一刻も早く、全会一致で非難決議ができるようにしたい」と語ったという。「証明された」らしい。

    *

 メディアの劣化が著しい。先日は《3歳児の腕つかみ「全財産よこせ」23歳男を逮捕》(ANNニュース)という見出しの記事を見かけた。よく読めば、23歳の男が3歳の女の子の腕をつかんで母親から引き離し「子どもの命、奪われたくなかったら全財産をよこせ」と脅したという話。見出しもまともに書くことができないバカが、メディアに食い込んでいる。

    *

 大阪ではタレントのほんこんがウクライナ情勢を語っているらしい。畑違いにも限度がある。藤井聡や三浦瑠麗がコロナを語るようなものか。メディアが反省する日はやってくるのか。

    *

「世界の橋渡し役」などと安倍晋三をヨイショしてきたNHKの岩田明子記者に対し、安倍の外交能力がすごいなら、ウクライナ情勢でなぜ動かないのかとネットでツッコミが入っていた。安倍にできるのはせいぜい渡し箸。あとは握り箸とねぶり箸くらいか。食事のマナーの悪さでは世界トップレベル。

    *

次のページ西田昌司、野田聖子、ずさんな人たち

KEYWORDS:

◆KKベストセラーズ 適菜収の好評既刊◆

 

※上のカバー画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします

オススメ記事

適菜 収

てきな おさむ

1975年山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』、『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?」(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『遅読術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、清水忠史との共著『日本共産党政権奪取の条件』(KKベストセラーズ)など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。https://foomii.com/00171


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

思想の免疫力: 賢者はいかにして危機を乗り越えたか
思想の免疫力: 賢者はいかにして危機を乗り越えたか
  • 中野剛志
  • 2021.08.12
国賊論
国賊論
  • 収, 適菜
  • 2020.04.21
日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
  • 適菜 収
  • 2020.11.05