【知っておきたい「痛み」の基礎知識。膝の痛み⇒骨盤の歪み⇒3つのタイプがあった】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

知っておきたい「痛み」の基礎知識。膝の痛み⇒骨盤の歪み⇒3つのタイプがあった

痛みの専門家?伊藤和憲先生が伝授する「痛みのセルフケア」<9>

「病院に行っても悪いところが発見できなかった」「もう何年も痛みが続いている」という慢性痛患者に、薬や手術に頼らないセルフケアを説く「痛みの専門家」伊藤和憲先生。『慢性痛は自分で治せる!』を刊行した、伊藤先生に「あなたの痛みが治らない理由」を聞く。

◇「骨盤のゆがみ」は万痛、万病のもと?

 病院に行って治療を行なっても、思うように痛みが軽減しなかった経験はありませんか? 実はその痛みの原因は、骨盤のゆがみにあるのです!

 なかなか治らない痛みに悩まされ、藁にもすがりたい気持ちでいるときに、いきなり「骨盤のゆがみが原因です」といわれても、狐につままれた気分になるかもしれません。しかし、確実に痛みの原因は骨盤のゆがみと関係していることが多いのです。

 ならば、骨盤がゆがむと、どうして痛みが発生したり、体に不調が起こったりするのでしょうか? 骨盤のゆがみからくる負の連鎖は次のように起こります。

例えば、膝痛を例にして考えてみましょう。

姿勢が悪く前かがみの姿勢をとってしまう

次第に骨盤が前に倒れる

前傾姿勢になる

前傾姿勢になることで、膝が曲がりにくくなる

膝が曲がりにくくなることで、次第に膝を支える筋肉が使われなくなる

使わないことから、その部分の筋肉がどんどん減少する

膝を支える筋肉がなくなるため、膝に負荷がかかる

膝に痛みが発生する……

 こんな具合に骨盤のゆがみは、膝の痛みを発生させてしまうのです。

 膝に痛みを抱えている人が、湿布を貼ったり、薬で痛みを抑えたりと、膝の治療だけをしても、膝の痛みが完全に消えない理由は、この骨盤のゆがみと関係しているかもしれません。なぜなら、膝の痛みを治療することで一時的に改善したとしても、すでに骨盤がゆがんでいることから、いずれは再び膝まわりの筋力に負荷がかかり、膝の痛みがぶり返してしまうからです。骨盤が正しい位置に戻らなければ、同じような症状が何度も起こるという悪循環になるのです。

 

次のページ知っておきたい3つのタイプ

KEYWORDS:

BACK NUMBER もっと見る

もっと見る

伊藤 和憲

いとう かずのり

明治国際医療大学教授。鍼灸学博士。全日本鍼灸学会理事。大阪大学医学部生体機能補完医学講座特 認研究員。1972年生まれ。2014年4月、厚生労働省の科学研究費を得て「慢性痛患者のためのセルフケアガイドブック」を作成。明治国際医療大学京都桂川鍼灸院「mythos361」 院長を務め、「はり・きゅう」の治療に当たるとともに、慢性痛患者のためにセルフケアを指導。また、地下鉄サリン事件やJR福知山線脱線事故の被害者の「痛み」ケアにも当たっている。専門家や一般市民に向けて年に50回以上の講演を行なっている。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

慢性痛は自分で治せる!
慢性痛は自分で治せる!
  • 伊藤 和憲
  • 2017.01.21