【治らない痛みは間違った治療のせい!? 「五十歩足踏み測定」でわかる、あなたの痛みのタイプ】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

治らない痛みは間違った治療のせい!? 「五十歩足踏み測定」でわかる、あなたの痛みのタイプ

痛みの専門家?伊藤和憲先生が伝授する「痛みのセルフケア」<7>

寒い冬は、腰や膝、首•肩などの「痛み」に悩む人にとって、一層つらい季節です。「病院に行っても悪いところが発見できなかった」「もう何年も痛みが続いている」という慢性痛患者に、薬や手術に頼らないセルフケアを説く「痛みの専門家」伊藤和憲先生。『慢性痛は自分で治せる!』を刊行した、伊藤先生に「あなたの痛みが治らない理由」を聞く。

◇痛みのタイプがわかる? 簡単な測定法

「治療をしているのに、あなたの痛みがなかなか治らないのは、自分の痛みタイプに合った治療をしていない」ということです。そもそも「痛み」が起きるようになった原因、体の不調を訴えるサイン、そして、最初にどんなところに痛みや不調が起こったかで、あなたの痛みタイプは分かります。

 目を閉じて、イチ、ニ、サン、シ……。その場で足踏みを50歩します。目を開けたとき、いる場所によって、あなたの「痛みタイプ」がわかるのが、「五十歩足踏み診断」です。最初の位置から、前後左右、どの場所に移動しましたか?

 場所によって、痛みのタイプは「ストレス型」「老化型」「生活習慣型」の3つに分かれます。

 測定方法はごく簡単。

①床に印を付け、その上に両足を揃えて立ちます。手は真下に伸ばし、目を閉じてください。床の木目などを目印にすると良いでしょう。

②次に、目を閉じたまま、その場で足踏みを50歩します。

③終わったら、目を開けて、自分のいる場所を確認してみましょう。

 印を付けた最初の位置から、どのぐらい移動していましたか?

 室内で測定する場合は、周りに何もないところで行なうよう気をつけてください。もちろん、外で行なう場合も人やモノにぶつからないように。

⇒最初の位置より前に行った、という人は「ストレス型」。

⇒最初の位置より後ろへ行くという人は「老化型」。

⇒そして、最初の位置の左か右に移動している場合は「生活習慣型」です。

 ちなみに、最初の場所から、前後、左右へと移動した幅は、年齢ごとに「このぐらいなら」といった目安=「痛み年齢」があります。

●10代~30代は1~2歩(55センチ~110センチ)

●40代~60代は2~3歩(110センチ~165センチ)

●70代以上の人なら4歩以内(220センチ)

 あなたの「痛み年齢」は何十代だったでしょうか?

「ストレス型」「老化型」「生活習慣型」で異なるあなたの痛みの原因は、そのまま治し方でもあります。まだ「痛みはない」という人も要注意。位置がズレた人は「隠れ痛み患者」に過ぎないのです。

『慢性痛は自分で治せる!』より構成

KEYWORDS:

オススメ記事

伊藤 和憲

いとう かずのり

明治国際医療大学教授。鍼灸学博士。全日本鍼灸学会理事。大阪大学医学部生体機能補完医学講座特 認研究員。1972年生まれ。2014年4月、厚生労働省の科学研究費を得て「慢性痛患者のためのセルフケアガイドブック」を作成。明治国際医療大学京都桂川鍼灸院「mythos361」 院長を務め、「はり・きゅう」の治療に当たるとともに、慢性痛患者のためにセルフケアを指導。また、地下鉄サリン事件やJR福知山線脱線事故の被害者の「痛み」ケアにも当たっている。専門家や一般市民に向けて年に50回以上の講演を行なっている。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

慢性痛は自分で治せる!
慢性痛は自分で治せる!
  • 伊藤 和憲
  • 2017.01.21