『感染の令和』と紅い女神〈令和の真相33〉【佐藤健志】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

『感染の令和』と紅い女神〈令和の真相33〉【佐藤健志】

佐藤健志の「令和の真相」33

◆不可解な時代の全貌

 

 新しい評論集感染の令和 または あらかじめ失われた日本へが、20211222日、KKベストセラーズより刊行されました。

 2018年の平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路で展開した考察を踏まえつつ、さらに視野を広げることで「低迷と衰退に歯止めがかからないのに、多くの国民は現状維持を望んでいるとしか思えない振る舞いをする」という、不可解な時代の全貌をとらえようとするもの。

 

 内政、外交はもとより、経済、社会、思想、そしてもちろんコロナと、縦横無尽に論じました。

 おかげで『平和主義は貧困への道』よりも格段にスケールアップ、全536ページの大作に。

 

 しかも、これだけ幅広い事柄について論じること自体が、論点をいっそう深めるんですね。

 新書が一品料理とすれば、本書はフルコース。

 その意味で、コスパも非常にいいと思います。

 

 というわけで、内容を紹介してゆきたいのですが、みなさんをご案内するガイドに登場してもらいましょう。

 本のカバーも飾った「紅い女神」。

 国の生命力を象徴するかのごとき聖火と、運命の輪を思わせる観覧車の前で両腕を広げている彼女です。

 妖しくも美しい女(ひと)ではありませんか。

 

 この女神、戦後日本人が抱いた夢や理想を体現する存在です。

 いわば戦後平和主義の化身。

 本書は全体のテーマを提起するプロローグ「令和はすべてが許される」で始まり、以後「平成までを総括する」「黄昏の現地妻国家」「崩壊する経済と社会」「世界観をめぐる逆説」「パンデミックと国の行く末」の五部構成となっているものの、各セクションの扉には彼女が現れて、みなさんを時代の深淵へと導きます。

 

 同時に第一部から第五部までの扉をたどると、紅い女神がもともとはどんな少女で、どうやって今の姿になったのかも見えてくる。

 それがつまり、戦後日本の夢や理想がたどった旅路なのです。

 彼女の物語を追ってゆきましょう。 

次のページ天使のような少女時代

KEYWORDS:

※上のPOP、カバー画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします

 

以下、佐藤健志著新刊『感染の令和   または あらかじめ失われた日本へ』の目次を公開。

 

◆佐藤健志の好評既刊も絶賛発売中◆

※上のカバー画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします

オススメ記事

佐藤 健志

さとう けんじ

佐藤健志(さとう・けんじ)
 1966年、東京生まれ。評論家・作家。東京大学教養学部卒業。
 1989年、戯曲『ブロークン・ジャパニーズ』で、文化庁舞台芸術創作奨励特別賞を当時の最年少で受賞。1990年、最初の単行本となる小説『チングー・韓国の友人』(新潮社)を刊行した。
 1992年の『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義』(文藝春秋)より、作劇術の観点から時代や社会を分析する独自の評論活動を展開。これは21世紀に入り、政治、経済、歴史、思想、文化などの多角的な切り口を融合した、戦後日本、さらには近代日本の本質をめぐる体系的探求へと成熟する。
 主著に『平和主義は貧困への道』(KKベストセラーズ)、『右の売国、左の亡国 2020s ファイナルカット』(経営科学出版)、『僕たちは戦後史を知らない』(祥伝社)、『バラバラ殺人の文明論』(PHP研究所)、『夢見られた近代』(NTT出版)、『本格保守宣言』(新潮新書)など。共著に『対論「炎上」日本のメカニズム』(文春新書)、『国家のツジツマ』( VNC)、訳書に『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』( PHP研究所)、『コモン・センス 完全版』(同)がある。『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』は2020年12月、文庫版としてリニューアルされた(PHP文庫。解説=中野剛志氏)。
 2019年いらい、経営科学出版よりオンライン講座を配信。『痛快! 戦後ニッポンの正体』全3巻に続き、現在は『佐藤健志のニッポン崩壊の研究』全3巻が制作されている。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

感染の令和: またはあらかじめ失われた日本へ
感染の令和: またはあらかじめ失われた日本へ
  • 佐藤健志
  • 2021.12.22
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
  • 佐藤 健志
  • 2018.09.15
[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき (PHP文庫)
[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき (PHP文庫)
  • エドマンド・バーク
  • 2020.12.02