「聖子の娘」という宿命、神田沙也加、国民の「マイフェアレディ」として生きた35年の葛藤【宝泉薫】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「聖子の娘」という宿命、神田沙也加、国民の「マイフェアレディ」として生きた35年の葛藤【宝泉薫】

神田沙也加(享年35)

 

 神田沙也加は「特別な女の子」だった。ある年代以上の人にとっては、生まれたときから知っている存在だったりする。また、アニメ映画「アナと雪の女王」によって、若い世代にも広く知られるようになった。

 こういう人は滅多にいない。生まれたときから世に知られるのは皇族か大スターの子供くらいだし、同世代以下の人にも知られるには、自らの力で何事かを為さなくてはならないからだ。

 それゆえ、彼女の人生は濃密で苛酷なものになった。当然ながら、それは「松田聖子(と神田正輝)の娘」として生まれたときから始まっている。

 沙也加が生まれたのは、198610月。石原裕次郎が彼女を抱く有名な写真があるが、聖子と正輝をくっつけたのも、この大物スターだといわれている。ふたりの接近を知り、結婚させれば石原プロの正輝が浮上できると考えた、というわけだ。自身の不妊症で子供に恵まれなかった裕次郎にとっては、娘が生まれたように愛しく思えたことだろう。

1986年10月17日、長女の神田沙也加をお披露目した松田聖子(左)と神田正輝。

 多くの国民にとっても「聖子の娘」は興味の対象となった。メディアもこぞって、その成長ぶりを追いかけたものだ。むしろ、出産後も留守がちで、自分の娘について「久々に会ったら、大きくなっていてビックリしました」などと遠洋漁業の漁師みたいなことを言っていた聖子より、世間のほうが熱心に見守っていたかもしれない。

 とはいえ、沙也加が才能を受け継いでいなかったら、世間は冷めていっただろう。誰とは言わないが、お笑い怪獣と演技派女優の娘の例もある。才能を受け継いだからこそ、比較もされるし、期待や失望ももたらすのだ。

 その点、沙也加はまず、そのアイドル性を受け継いでいた。たとえば、3、4歳くらいの姿について、こんな証言がある。

「実にかわいらしかった。聖子にとてもよく似ていて、お人形のように美しい」

 聖子との不倫を告発したジェフ・ニコルスが『真実の愛』のなかで書いたものだ。

 その後、歌唱力や演技力(こちらは正輝ゆずりだろうが)についても受け継いでいることが明らかになるわけだが、決定的な違いもあった。彼女が「大スターの娘」だったことだ。

 それゆえ、凡人では味わえないような特殊な環境で生まれ育つことになる。『真実の愛』には聖子とジェフのもとに、その関係を知ったうえで正輝が遊びに来る場面があり、こんなことが書かれている。

「団欒の途中、娘さんが居間へ入って来た。彼女は、ご主人の方へはゆかず、真っ直ぐに僕の方へやって来た。僕の膝にちょこんと座る。恋人の娘を膝に抱き、恋人のご主人と雑談をするのは、何とも妙な気分だ」

 こっちまで「妙な気分」になりそうだが、その特殊な環境はしだいにプレッシャーにもなっていっただろう。「大スターの娘」として常に注目される日々は、楽ではない。中学時代、イジメに遭い、四度も転校したという経験はトラウマとして残ったはずだ。

 それもあって、彼女は漫画やアニメ、ゲームといった世界にハマっていった。その結果、芸術表現への欲求も高まることに。望めばいつでもデビューできる立場にいた彼女は2001年、本格的な芸能活動を開始する。

次のページ「大スターの娘」というプレッシャーをさらに強めていく……

KEYWORDS:

 

※上のカバー画像をクリックするとAmazonサイトへジャンプします。

オススメ記事

宝泉 薫

ほうせん かおる

1964年生まれ。主にテレビ・音楽、ダイエット・メンタルヘルスについて執筆。1995年に『ドキュメント摂食障害―明日の私を見つめて』(時事通信社・加藤秀樹名義)を出版する。2016年には『痩せ姫 生きづらさの果てに』(KKベストセラーズ)が話題に。近刊に『あのアイドルがなぜヌードに』(文春ムック)『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、最新刊に『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ)がある。ツイッターは、@fuji507で更新中。 


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

痩せ姫 生きづらさの果てに
痩せ姫 生きづらさの果てに
  • エフ=宝泉薫
  • 2016.08.26
平成の死: 追悼は生きる糧
平成の死: 追悼は生きる糧
  • 薫, 宝泉
  • 2019.04.28