「拷問に奪われたいのち、退廃と放蕩のあそびに費やされたいのち。されど、国の滅びは見ずに済んだいのち」1933(昭和8)年 1934(昭和9)年【宝泉薫】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「拷問に奪われたいのち、退廃と放蕩のあそびに費やされたいのち。されど、国の滅びは見ずに済んだいのち」1933(昭和8)年 1934(昭和9)年【宝泉薫】

【連載:死の百年史1921-2020】第12回(作家・宝泉薫)


死のかたちから見えてくる人間と社会の実相。過去百年の日本と世界を、さまざまな命の終わり方を通して浮き彫りにする。第12回は1933(昭和8)年と1934(昭和9)年。プロレタリア文学の旗手と大正ロマンの美人画家、破滅型の落語家である。


小林多喜二

 

■1933(昭和8)年

拷問を描いた作家は拷問で死んだ  小林多喜二(享年29)

 『蟹工船』で知られる作家・小林多喜二の出世作は『一九二八年三月十五日』である。昭和3(1928)年に、日本共産党員らが大量検挙された3・15事件を描いたもので、特高(特別高等警察)による拷問シーンなどが注目された。このことはのちに小林を死にいたらせる悲劇につながるが、ともかく彼はこの作品でプロレタリア文学の旗手となった。この時点ではまだ、大正デモクラシーの余波で左翼的な活動にもそれなりの勢いがあったのだ。

 

蟹工船

 

 秋田県の小作農の家に生まれた小林は、北海道の小樽で事業に成功した伯父のおかげで教育機会に恵まれ、文学と労働運動に目覚める。が、その両面で能力を発揮すればするほど、当局からは目障りな存在と化していった。何度も逮捕や検束をされ、やがて命を落とすのである。

 昭和8年2月、築地署に検束されると、拷問を受け、これにより急死。特高はかつて小林に拷問シーンを描かれたことに激しい反感を抱いており、そこに描かれた以上の拷問を行なうことで復讐したかのようだった。死因は心臓麻痺と発表されたが、遺族に返された遺体は明らかに暴行による殺害を示していたからだ。『われらの陣頭に倒れた小林多喜二』(江口渙)によれば、下腹部から尻、両足の膝にかけては「墨とべにがらをいっしょにまぜてぬりつぶしたような」「ものすごい色で一面染まって」いたという。

 「そのうえ、よほど大量の内出血があるとみえてももの皮がぱっちりと、いまにも破れそうにふくれあがっている。そのふとさは普通の人間の二倍くらいもある。さらに赤黒い内出血は、陰茎からこう丸にまで流れこんだとみえて、このふたつの物がびっくりするほど異常に大きくふくれあがっている」

 母親のセキは「ほれっ! 多喜二! もう一度立って見せねか! みんなのために、もう一度立って見せねか!」と呼ぶかけるなど、気丈なところを見せたが、わが子への思いはもちろんそれだけではない。87歳で亡くなったとき、遺品にこんな言葉が書かれたメモが見つかった。

「あーまたこの二月の月か(が)きた ほんとうにこの二月とゆ月か(という月が)いやな月 こいをいパいに(こえをいっぱいに)なきたい」

 かつて息子とやりとりしたくて、懸命に覚えた文字で書かれたものだ。その拙いたどたどしさがいっそう、怒りと哀しみを訴えている。

 一方、この一件を指揮した特高部長の安倍源基は容赦ない「赤狩り」で勇名を馳せ、内務大臣まで登りつめた。終戦でA級戦犯の疑いをかけられたが、公職追放で済んでいる。平成元(1989)年まで生き、95歳で大往生を遂げた。

 それに比べ、小林の29年という生涯はあまりにも短いが、平成202008)年には代表作『蟹工船』が再注目され、翌年には映画も作られた。戦前の労働問題と、最近のワーキングプアやブラック企業の問題がどこまで同一視できるかはさておき、古い作家が再評価され、読まれるのはよいことだろう。それが非業の最期を遂げた作家であればなおさら――

次のページ1934(昭和9)年 芸術の勝利か人間の敗北か 竹久夢二(享年49) 桂春団治(享年56)

KEYWORDS:

《宝泉薫の好評既刊・ロングセラー本》

※以下POPやカバー画像をクリックするとAmazonサイトへジャンプします

 

 

オススメ記事

宝泉 薫

ほうせん かおる

1964年生まれ。主にテレビ・音楽、ダイエット・メンタルヘルスについて執筆。1995年に『ドキュメント摂食障害―明日の私を見つめて』(時事通信社・加藤秀樹名義)を出版する。2016年には『痩せ姫 生きづらさの果てに』(KKベストセラーズ)が話題に。近刊に『あのアイドルがなぜヌードに』(文春ムック)『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、最新刊に『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ)がある。ツイッターは、@fuji507で更新中。 


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

痩せ姫 生きづらさの果てに
痩せ姫 生きづらさの果てに
  • エフ=宝泉薫
  • 2016.08.26
平成の死: 追悼は生きる糧
平成の死: 追悼は生きる糧
  • 薫, 宝泉
  • 2019.04.28