「海に還ったたこ八郎、空に消えた坂本九、佳人薄命の象徴となった夏目雅子。わずか50日間に相次いだ予想外の死」1985(昭和60)年【宝泉薫】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「海に還ったたこ八郎、空に消えた坂本九、佳人薄命の象徴となった夏目雅子。わずか50日間に相次いだ予想外の死」1985(昭和60)年【宝泉薫】

【連載:死の百年史1921-2020】第11回(作家・宝泉薫)


死のかたちから見えてくる人間と社会の実相。過去百年の日本と世界を、さまざまな命の終わり方を通して浮き彫りにする。第11回は1985(昭和60)年。異形の芸人と海外にも知られた歌手、芝居と恋に生きた美人女優の最期である。


夏目雅子

 

■1985(昭和60)年

たこ八郎(享年44)坂本九(享年43)夏目雅子(享年27)

 

 今夏の民放連ドラで最もヒットしたのが、日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)だ。終盤には、主人公の妹がテロリストに殺される。若くて可憐で天真爛漫だったヒロインの死は予想外で、大きな衝撃をもたらした。これはフィクションだけとは限らない。現実においても、死は予想外であるほど衝撃的で、印象に残りやすいものだ。

 そんな予想外な死が、相次いだ年がある。1985(昭和60)年だ。

 まず、7月24日、コメディアンのたこ八郎が44歳で亡くなった。焼酎を飲んで海で泳いでいるうちに、心臓麻痺を起こしたらしい。

 

たこ八郎

 

 たこは元ボクサーで、日本フライ級チャンピオンまで登りつめた。劇画「あしたのジョー」の主人公のモデルともされる。相手に打たせるだけ打たせ、疲れたところを仕留めるという戦法を得意としたが、それが祟り、パンチドランカーになって引退した。その後もおねしょや物忘れに悩まされ、鍋を作れば食材と間違えて財布を入れるほどボケていたという。

 ただ、このボケっぷりがコメディアンとしては得難い味となる。タモリら才人に愛され、バラエティーの「今夜は最高!」(日本テレビ系)や映画「幸福の黄色いハンカチ」などで活躍した。

 しかし、売れっ子となったことがストレスを生んだのか、晩年は酒浸りに。それが死にもつながったわけだ。

 とはいえ、死の直前、彼は恩人たちに暇乞いのような行動もしていた。たとえば、芸人として芽が出る前に面倒を見てもらった作家の団鬼六には「久しぶりに仲間と真鶴の海で泳いできます」と電話。その海で亡くなることになる。以下は団のコメントだ。

「たこと過ごしていた頃、私の本宅は真鶴にあって、週末にはよく私の息子を海水浴に連れていってくれた。いわば青春の思い出の場所だったのです」(週刊文春)

 そんな謎めいた結末を迎えた人生だが、それはよくできたコントのようでもある。たこが海に還るとは、なんと見事なオチだろう。と同時に「めいわくかけてありがとう」という美しい詩のような名文句も遺した。また、岸本加世子はデビュー作となったドラマ「ムー」(TBS系)で共演した際、将来への不安をもらしたところ、たこに困った顔で「ガンバッテ」と励まされ、気が楽になったと明かしている。

 ちなみに、たこはボクサー時代、風貌と本名から「河童の清作」というあだ名で親しまれた。亡くなった7月24日は河童好きで知られた作家・芥川龍之介の命日、いわゆる「河童忌」でもある。

次のページ日航機墜落事故の犠牲者となった坂本九

KEYWORDS:

作家・宝泉薫の好評既刊。

健康至上主義的現代の奇書にして、

食と性が大混乱をきたした新たな時代のバイブル

『瘦せ姫 生きづらさの果てに』(KKベストセラーズ)

中野信子(脳科学者・医学博士)推薦!

 

※上記POPをクリックするとAmazonサイトへジャンプします

オススメ記事

宝泉 薫

ほうせん かおる

1964年生まれ。主にテレビ・音楽、ダイエット・メンタルヘルスについて執筆。1995年に『ドキュメント摂食障害―明日の私を見つめて』(時事通信社・加藤秀樹名義)を出版する。2016年には『痩せ姫 生きづらさの果てに』(KKベストセラーズ)が話題に。近刊に『あのアイドルがなぜヌードに』(文春ムック)『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、最新刊に『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ)がある。ツイッターは、@fuji507で更新中。 


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

痩せ姫 生きづらさの果てに
痩せ姫 生きづらさの果てに
  • エフ=宝泉薫
  • 2016.08.26
平成の死: 追悼は生きる糧
平成の死: 追悼は生きる糧
  • 薫, 宝泉
  • 2019.04.28