大石あきこが「自民よりも維新と戦う」と言った理由【篁五郎】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

大石あきこが「自民よりも維新と戦う」と言った理由【篁五郎】

■空中戦と地上戦で大阪を制圧した維新の会

 「維新の会は大阪ですごく支持をされているのはどうして?」と他所から聞かれますけど、ずっと大阪で暮らして毎日にテレビ見ていたらそうなるやろって感じですね(笑)。うち(れいわ新選組)の代表・山本太郎が「東京のテレビはDappi(ツイッターで野党のデマ情報を流して民事訴訟を起こされたアカウント)」と言っていますけど、大阪も同じです。

 橋下や吉村が毎日のようにテレビに出てきて好き放題言って、それを吉本芸人が「吉村知事かっこええ。吉村知事の言うことやったら従いますわ-」なんてやっていたらコロナの死者数全国一で給付金の配布が全国ワーストでも「吉村さん頑張ってはるから維新」ってなりますよ。だってコロナの死者が全国一でも自分は死んでないし、遅くても給付金は届きましたからね。

 やったらいけない方法だけど、維新の会から学ぶことがあるとすれば上層の空中戦でマスコミや権力者を味方にして足元すくわれないようにする。多分メディアとかにも愛想良くしていると思いますよ。そういう空中戦もやり、地上戦では市議会議員をたくさん擁立して地元の人にアピールしています。PTA会長を議員にしたり、住民のお世話したりするといった自民党みたいなこともちゃんとやっているんです。

 だから身近にも維新の会の議員がいる。市議会議員をたくさんいれば陳情とか困りごとは維新で引き受けますから市民にとって身近に感じますよね。色んなイベントに維新の会の議員を行かせたら「維新の会の議員が来たな」となるし、親近感を覚えます。空中戦ではメディアと権力者とも仲良くしているので総合的な印象が「維新の会の議員をあの時のイベントで見た」とか「テレビでも言っている」、「みんなが維新の会頑張っているって言ってる」となる。すると「維新頑張っているんやな」ってなるわけです。だから大阪であれだけ議席を取れるほど支持されているんです。

 橋下さんが府知事になった当初はメディアも批判的な論調がありました。でも、橋下さんは定例会見で記者を徹底的に袋だたきにしたのです。そうなっちゃうと記者も萎縮してしまいますよね。中には私みたいに言い続ける記者もいましたけど、橋下さんはマスコミ各社にもクレーム入れて記者を交代させるようにしていたんです。最後は腰砕けの記者だけになって維新ヨイショが当たり前の風景になったのが今だというのが私の考えです。

 権力者はメディアをどう動かすというのは常に意識していることだと思います。歴史で言えば、ナチスドイツもマスコミを使ってプロパガンダをしていたわけですから上手くやっていますよね。

次のページ橋下徹とのツイッターバトルは炎上覚悟だった

KEYWORDS:

オススメ記事

篁五郎

たかむら ごろう

1973年神奈川県出身。小売業、販売業、サービス業と非正規で仕事を転々した後、フリーライターへ転身。西部邁の表現者塾ににて保守思想を学び、個人で勉強を続けている。現在、都内の医療法人と医療サイトをメインに芸能、スポーツ、プロレス、グルメ、マーケティングと雑多なジャンルで記事を執筆しつつ、鎌倉文学館館長・富岡幸一郎氏から文学者について話を聞く連載も手がけている。

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

感染の令和: またはあらかじめ失われた日本へ
感染の令和: またはあらかじめ失われた日本へ
  • 佐藤健志
  • 2021.12.22
思想の免疫力: 賢者はいかにして危機を乗り越えたか
思想の免疫力: 賢者はいかにして危機を乗り越えたか
  • 中野剛志
  • 2021.08.12
国賊論
国賊論
  • 収, 適菜
  • 2020.04.21