阪神・淡路大震災から25年。6434人の犠牲者を出したこの地震の記録と記憶を来たるべき「大都市直下大地震」の教訓として生かしたい。NHKスペシャル取材班がものした『震度7 何が生死を分けたのか〜埋もれたデータ21年目の真実〜』が本日、韓国版に続き、電子版が緊急配信される。今回は地震発生当日1時間以内の犠牲者2116人の死因となった「窒息死」についてお話しする。
何が生死を分けたのか。倒壊した家屋と耐震化された建物。神戸市灘区泉通周辺/写真提供:神戸市

最も多くの遺体をみた医師

 なぜ、地震でこれほど多くの人が「窒息」で命を絶たれるのか。私たちは、その謎を解 く貴重な手がかりを持つ人物に会うことができた。徳島大学医学部で、法医学を専門とする西村明儒(にしむら・あきよし)教授。阪神・淡路大震災が発生した当日に、神戸市で当直監察医を担当していたという経験を持つ。地震発生の直後から、各地の遺体安置所や病院を回り200人以上の遺体を検案した。
 西村教授は、窒息で亡くなった人をみるうち、ある共通の特徴に気づいたという。
「遺体をみると、骨も折れていないし、臓器損傷もない方がほとんどだったんです。震災当時は、法医学を専門にして10年目の頃で、あれほど一度に多くの遺体をみた災害は初めてでしたが、きれいな状態の遺体が多くて、それがかえって気の毒に感じられたのが強く印象に残っています」
  
西村教授によると、窒息死の遺体には目立った損傷がほぼなかったという。研究室を訪ねた時、学術書に載った地震による窒息死の遺体の写真を見せてもらったが、確かに一見眠っている人のようにしか見えなかった。素人目だが負傷もない。ましてや、口や鼻に土や砂が詰まっていたり、塞がれたりしたような形跡も見当たらなかった。
  一方で、西村教授は、窒息で亡くなった人の大半には、衣服の下の肌にある異変があったと明かす。胴に白く変色している部分が胴に帯状にあったのだ。通常、遺体は、鬱血のため体全体が紫色になることが多いが、それだけに 白い変色は目立っていた。西村教授によると、その変色は何かに強く押された跡だという。(【図1】参照)

【図1:窒息死した方の大半は体の一部が「白く」変色】
窒息死した人の多くは、肋骨が折れることなく、臓器損傷も見られなかった。何かに押されたように「白く」変色していたのが特徴だった

「例えば、指でぎゅっとつまんで押さえると、そこが白くなるのと同じ原理です。窒息死の方の遺体をみると、特に胸や腹の上に、同じような白い変色の痕が残っていました」
 なぜ、それが窒息と結びつくのか。理由は、人の呼吸の仕組みと密接に関係していた。 
 通常、人は、肺の下にあって腹と胸の境にある横隔膜が動いたり、胸全体がふくらんだり縮んだりすることで、酸素を取り入れ呼吸している。しかし、その胸や腹の上に、重量物、例えば柱や梁なとが載れば、横隔膜や肺の動きが止められ呼吸ができなくなるというのだ。
“外傷性窒息(がいしょうせいちっそく)”と呼ばれるメカニズムです。鼻や口が塞がれる窒息を“気道閉塞性窒息”といいますが、それとは別に、胸や腹の上に圧迫が加われば、口や鼻が空いていても呼吸はできなくなるんです。 阪神・淡路大震災では、この外傷性窒息が多くの人の命を奪う原因となりました」

次のページ 「当たりどころ」次第で生死の運命が決まる「怖さ」