【有名列車に隠れる「汎用特急」に乗って大阪まで懐かしさ漂う旅へ】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

有名列車に隠れる「汎用特急」に乗って大阪まで懐かしさ漂う旅へ

風情や歴史を感じさせる列車旅

■近鉄特急で奈良県へ

 近鉄特急というと豪華観光特急「しまかぜ」や個性的な特急である「伊勢志摩ライナー」「アーバンライナー」、2階建ての「ビスタEX」などが有名で、そうした列車には好んで乗ってきた。しかし、その陰に隠れ地味ではあるが多数派といえる「汎用特急」には、あまり乗って来なかった。今回は、奈良県内の大和高田まで出かけようと思い、調べてみると、手前の大和八木まで近鉄名古屋駅から、名阪乙特急を利用するのが便利なので、汎用特急、近鉄名古屋発大阪難波行きに乗車した次第である。

近鉄名古屋駅の発車案内板

 名阪特急といえば、三重県の県庁所在地である津に停車する以外は、大阪市内の鶴橋までノンストップの「アーバンライナー」が脚光を浴びている。しかし、桑名、四日市といった主要都市の駅にこまめに停まっていく乙特急が1時間に1本程度走っているのだ。車両も雑多な新旧取り混ぜた編成で、どんな車両に当たるかは分からない。そうした期待と不安が入り混じる中、あらかじめネットで予約して、東海道新幹線で東京から名古屋へ向かった。

次のページ懐かしさの漂う車内

KEYWORDS:

BACK NUMBER もっと見る

もっと見る

野田 隆

のだ たかし

日本旅行作家協会 理事

1952年名古屋生まれ。日本旅行作家協会理事。早稲田大学大学院修了。 蒸気機関車D51を見て育った生まれつきの鉄道ファン。国内はもとよりヨーロッパの鉄道の旅に関する著書多数。著書に『テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門』(ポプラ新書)『にっぽん鉄道100景』『テツはこんな旅をしている~鉄道旅行再発見』(平凡社新書)『定年からの鉄道旅行のススメ』 (洋泉社新書) 『テツ道のすゝめ』(中日新聞社)『愛知県 駅と路線の謎』(洋泉社新書y)など。



ホームページ http://nodatch.travel.coocan.jp/


この著者の記事一覧