【駅名標にピカチュウ!愉快なポケモントレインの旅】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

駅名標にピカチュウ!愉快なポケモントレインの旅

リニューアルしたポケモントレイン気仙沼号に乗ってみた。

■愉快なポケモントレインの旅

 ポケモンGOの流行は一段落したけれど、横浜でポケモンイベントが今夏も開催されるなどポケモン人気は根強いものがある。JR東日本が三陸の大船渡線で震災復興支援の一環として運行しているポケモントレイン気仙沼号も、2017年に車両のリニューアルを行い、継続して一ノ関駅と気仙沼駅の間を、週末を中心に走っている。最近、乗車する機会があったのでレポートしてみたい。

気仙沼駅で発車を待つポケモントレイン

 諸般の事情から気仙沼発一ノ関行きという午後の便に乗車するため、久しぶりに気仙沼駅を訪れた。駅構内の半分はBRTというJRが運行するバス乗り場に変身していた。駅舎側の旧気仙沼線ホーム、その向かいの大船渡線の大船渡、盛方面行きもBRT乗り場になっていて線路はなく、舗装された道路と化している。賑わっているとはいえ、線路がないと寂しく感じる。

ポケモントレインのサイドビュー.

 道路を横断して左手にかなり歩いたところに停まっていたのが、黄色を基調とした2両編成のディーゼルカー。これから乗車するポケモントレイン気仙沼号一ノ関行きである。後ろの車両から乗車、というよりも先頭の車両にはホームから直接乗車することはできなかった。なぜなら、座席はすべて後ろの車両にあり、先頭車両はこどもが車内で遊ぶためのプレイルームだからだ。発車するまでは、あらかじめ指定された席にとどまっているようにとのアナウンスがあった。

ポケモントレインの座席

次のページ車内のいたるところにポケモンが!

KEYWORDS:

BACK NUMBER もっと見る

もっと見る

野田 隆

のだ たかし

日本旅行作家協会 理事

1952年名古屋生まれ。日本旅行作家協会理事。早稲田大学大学院修了。 蒸気機関車D51を見て育った生まれつきの鉄道ファン。国内はもとよりヨーロッパの鉄道の旅に関する著書多数。著書に『テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門』(ポプラ新書)『にっぽん鉄道100景』『テツはこんな旅をしている~鉄道旅行再発見』(平凡社新書)『定年からの鉄道旅行のススメ』 (洋泉社新書) 『テツ道のすゝめ』(中日新聞社)『愛知県 駅と路線の謎』(洋泉社新書y)など。



ホームページ http://nodatch.travel.coocan.jp/


この著者の記事一覧