【京阪プレミアムカーを使って叡山電車「ひえい」に乗りに行った】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

京阪プレミアムカーを使って叡山電車「ひえい」に乗りに行った

豪華な雰囲気が好ましいプレミアムカ―と奇抜なデザインが目をひく「ひえい」

 今話題の叡山電車「ひえい」に乗りに行くために、大阪の淀屋橋駅から京阪電鉄の特急を利用した。どうせなら、指定席のプレミアムカーがいい。豪華な雰囲気が好ましく、それでいて料金が500円とは極めて良心的な価格設定だ。通勤電車と大差ないクロスシートで400円も取る首都圏の通勤ライナーと比べると、京阪プレミアムカーのグレードの高さがよく分かる。

淀屋橋駅に到着した京阪特急

 淀屋橋駅の構内にある窓口で終点までのプレミアムカーの指定券を購入した。それなりの紙に印刷してあると思ったら、レシートのような薄い紙だったのは意外だった。指定席がはっきり分かればそれでいいのだろう。ある意味、合理的である。

 ICカードを自動改札機にタッチしてホームへ。しばらくすると折返しとなる特急が到着した。車内の点検と座席を進行方向に転換する作業が終わると、女性アテンダントさんがドアのところで迎え入れてくれた。

京阪プレミアムカーのドア

 プレミアムカーは6号車1両のみで、中へ入ると通路をはさんで2人掛けと1人掛けのシートがゆったりと並んでいる。JRの特急グリーン車並の設備で500円とは実にありがたいサービスだ。それでも、満員ということはなく、座席の3分の1も埋まっていない状態で出発となった。

プレミアムカー車内

 一人旅だったので進行方向右側の一人席があてがわれた。幅が広く快適でテーブルもある。あとで気づいたのだがコンセントも使用できるので、トイレがないことをのぞけば至れり尽くせりだと思う。

一人掛座席

 
次のページ都市近郊とは別世界のような車内

KEYWORDS:

オススメ記事

野田 隆

のだ たかし

日本旅行作家協会 理事

1952年名古屋生まれ。日本旅行作家協会理事。早稲田大学大学院修了。 蒸気機関車D51を見て育った生まれつきの鉄道ファン。国内はもとよりヨーロッパの鉄道の旅に関する著書多数。著書に『テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門』(ポプラ新書)『にっぽん鉄道100景』『テツはこんな旅をしている~鉄道旅行再発見』(平凡社新書)『定年からの鉄道旅行のススメ』 (洋泉社新書) 『テツ道のすゝめ』(中日新聞社)『愛知県 駅と路線の謎』(洋泉社新書y)など。



ホームページ http://nodatch.travel.coocan.jp/


この著者の記事一覧