19歳で出産、夫は覚せい剤で逮捕。シンママの「絶望」と「愛」 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

19歳で出産、夫は覚せい剤で逮捕。シンママの「絶望」と「愛」

日本の最貧困地帯 沖縄のリアル②

日本の最貧困地区と言われる沖縄。そのリアルを個々の事例に踏み込みながら活写する。

「何よりもまず、互いの愛を熱く保ちなさい。愛は多くの罪をおおうものである」(聖書より) 

・佐倉まきさんの場合(35歳・那覇市・翻訳者) 

 

 今回紹介する佐倉さんは、那覇の港町近くの県営団地に3人の子供たちと生活をしているシングルマザーである。父親がアメリカ人のハーフの佐倉さんは目鼻立ちがはっきりとしている美人だ。しかし長年の苦労のせいかどこか影を帯びた女性だ。

 佐倉さんとの出会いは、私が勤める会社の英文書類を訳してもらったのが縁である。敬虔なキリスト教徒の佐倉さんは、何度も私を教会に誘ったがそのたびに私ははぐらかしていた。

次のページ19歳で妊娠。夫は16歳だった

KEYWORDS:

オススメ記事

神里 純平

1979年生まれ。沖縄県在住の会社員。

中堅のリサイクルメーカーにサラリーマンとして勤務し、会社内から出る産業廃棄物の収集運搬やグループ内の在庫移動の業務に従事する毎日。少年の頃には紆余曲折があったが、現在は友人たちと一緒に、仕事後や休みの日に子どもたちに格闘技を指導することがライフワークとなっている。好きな言葉は「人生一生雑巾がけ」。著書に『沖縄裏の歩き方』(彩図社)がある。


この著者の記事一覧