医師が提案! 水曜日は「睡眠の日」に | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

医師が提案! 水曜日は「睡眠の日」に

自律神経が整えば休まなくても絶好調⑦

今日は何の日? 日本人の間違った休み方に一石を投じた話題の書『自律神経が整えば休まなくても絶好調』(ベスト新書)を上梓した医師・小林弘幸氏の答えは「睡眠の日」だ。今日は、残業もせず、飲みにも行かず、まっすぐ家に帰ってぐっすり眠るが正解!

週に一日、しっかり睡眠をとる日を

 いい眠りのためには、自律神経が整っていることが必須ですが、「いい眠りを得たい」と思いすぎると、それがストレスになって自律神経が乱れるという負の連鎖に入ります。
 不眠で悩む人の多くが、やはり自分で自分の首を絞めているのです。

 逆説的なことを言うようですが、あまり睡眠について神経質に考えないほうが、結果としていい睡眠が手に入ります。

 私がおすすめしたいのが「週に一日、必ずしっかり睡眠をとる日をつくる」というものです。週半ばの水曜日あたりがいいかもしれません。

 この日は、残業もせず、飲みにも行かず、まっすぐ家に帰ります。そして、「たったコップ1杯の水が1日をガラリと変える!」で述べた「一日の仕事のリセット」を行い、夕食をとり、ゆっくりぬるめのお風呂につかって早めにベッドに入ります。

次のページ帰宅して、テレビやスマホはNG

KEYWORDS:

オススメ記事

小林 弘幸

こばやし ひろゆき

1960年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任する。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。著書に『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』(サンマーク出版)『自律神経を整える「あきらめる」健康法』(KADOKAWA)『自律神経が整う時間コントロール術』(小学館)『「ゆっくり動く」と人生がすべてうまくいく』(PHP研究所)など多数。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

自律神経が整えば休まなくても絶好調 (ベスト新書)
自律神経が整えば休まなくても絶好調 (ベスト新書)
  • 小林 弘幸
  • 2017.06.09