デキるビジネスマンは「1時間に」15分の休憩をしている | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

デキるビジネスマンは「1時間に」15分の休憩をしている

自律神経が整えば休まなくても絶好調②

仕事のゴールデンタイムである午前中をいかに過ごすか。最新刊『自律神経が整えば休まなくても絶好調』(ベスト新書)が話題を呼ぶ、小林弘幸氏は「15分の休憩」が仕事の効率を飛躍的に上げると言う。医師が教える、体のリズムをいかした仕事術。

ブロックに区切って時間を使う

 ゴールデンタイムである午前中は、およそ3時間。早めに出社する人であっても4時間しかありません。その時間を漠然と使ってはいけません。

 人間が集中力を持続できる時間について、医学的にも生理学的にも「90分が限界」であることがわかっています。だから、大学の講義が一コマ90分なのも、理にかなっているということになります。

 しかし、30歳を超えると大学生のようにはいきません。思いっきり集中できるのは半分の45分がいいところだと考えてください。

 もちろん、思いっきり集中したら、しばし休憩が必要です。次の45分をまた思いっきり集中するためには、休憩時間は15分くらいはみておきたいところです。

 45分集中したら、15分は休憩や次の集中の準備に充てる。つまり、「45分+15分=60分」を一つのブロックと考えるといいでしょう。

KEYWORDS:

オススメ記事

小林 弘幸

こばやし ひろゆき

1960年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任する。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。著書に『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』(サンマーク出版)『自律神経を整える「あきらめる」健康法』(KADOKAWA)『自律神経が整う時間コントロール術』(小学館)『「ゆっくり動く」と人生がすべてうまくいく』(PHP研究所)など多数。


この著者の記事一覧