【山本昌「現役生活32年」を終え、新たな挑戦をした一年に感じた難しさ】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

山本昌「現役生活32年」を終え、新たな挑戦をした一年に感じた難しさ

解説、講演、執筆……ユニフォームを背広にかえて感じたこと

Q.引退から一年。野球から離れた生活には慣れましたか?

 32年間のプロ野球生活が「終わったんだな」と最初に実感したのが、今年の1月末でした。現役だった去年までならば、その時期には必ず中日ドラゴンズから給料が振り込まれるのですが、それがありませんでした。当然のことなのですが、その時に初めて「あぁ、俺、プロ野球を引退したんだな」と思いました。

 引退してからは、ありがたいことにプロ野球中継やニュース番組での解説、講演活動、雑誌などでインタビューを受けるなど、日々忙しく過ごさせていただいています。

 このような活動を始めてまだ1年ということもありますが、「現役時代のほうが楽だったんじゃないか」と思ってしまう自分がいます。
 

 

 私の場合、高校を卒業してから32年間、極端に言ってしまえば野球しかしてこなかったわけです。プロ野球選手としては、歳を重ねるごとにやるべきことを理解していきますし、トレーニング内容も大きく変わることはありませんでした。もちろんきつい練習や試合での勝ち負けにこだわることなど大変なことはたくさんありましたが、長年やり続けてきたこともあって、言い方は変ですが「野球をしていることが一番楽」になっていました。しかも、私は「野球ができる限りは現役選手としてしがみついていこうと」と自分に言い聞かせ、結果的に32年間、続けられました。ですから、いざその生活が終わり新しい仕事にチャレンジしようとなると、簡単にこなせるわけではないということは、読者の皆さんにも容易に想像がつくのではないでしょうか。

 ですから、今の仕事のほうが難しさを感じています。ただ、私は「プロ野球選手」という人生を終え、新たに社会人としての生活をスタートさせたわけですから、もう一度「山本昌」という人間を作り上げるための意欲はあります。

 32年間、プロ野球の歴史のなかで誰も経験したことがない「50歳まで現役」という目標を達成できたことは自分でも誇りですし、とても貴重な時間を過ごさせていただきました。それと同時に「野球って本当に素晴らしいスポーツだ」ということも身に染みて感じています。だからこそ、これからは解説者などの仕事を通じて、野球の素晴らしさを多くの方々に伝えていけるよう精進したいと思っていますね。

KEYWORDS:

オススメ記事

山本 昌

やまもと まさ

1965年8月11日、東京都生まれ。神奈川・日大藤沢高から83年秋のドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。プロ5年目、88年の米国への野球留学をきっかけに飛躍し、同年8月プロ初勝利。以後はスクリューボールを武器に活躍する。93年に最多勝利、最優秀防御率のタイトルを獲得すると、翌94年には連続最多勝利と沢村賞に輝く。97年にも最多勝利。2006年9月16日対阪神戦でプロ野球史上最年長の41歳1カ月でノーヒットノーラン、08年8月4日の巨人戦で史上24人目となる通算200勝を樹立。通算581試合に登板し219勝165敗。


この著者の記事一覧