人はみんな違っていて当たり前【森博嗣】 新連載「日常のフローチャート」第17回 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

人はみんな違っていて当たり前【森博嗣】 新連載「日常のフローチャート」第17回

森博嗣 新連載エッセィ「日常のフローチャート Daily Flowchart」連載第17回

 

【多数派は、自分たちが当たり前だと思い込む】

 

 友達が大勢いる方が良いと感じる人と、そうでもない人がいるはずだ。僕は、友達が大勢いたら面倒な、と感じる人間である。友達はべつにいなくても良い。友達が多い方が良いという人は、家族も多い方が良い、両親も多い方が良い、親戚も多い方が良い、と考えるのだろうか。同じ村に住む人も多い方が良い、人口は多い方が良い、などとも考えるのだろうか。

 その是非はともかくとして、友達が多い方が良いと思う人は、友達はそんなに多くなくても良いと思う人よりも、割合として多い、つまり多数派かもしれない。しかし、友達なんて欲しくない人だっている、少数派だけれどいる、ということは事実である。そして、大事な点は、多数派だから正しい、という理屈が間違っているということである。これは、つい最近まで社会的に確立されていなかった考え方である。

 古来、多数派は正常であり、少数派は異常である、と見なされてきた。少数派は常に迫害され、「反社会的」とみなされた。だから、そういう人たちは生きていくために、自分の思いを隠し、我慢を強いられた。

 だが、そういった社会が間違いだった、と大勢が認識するようになった。少数派であっても、人格や権利を認めなければならない、差別してはいけない、という理念が浸透しつつある。逆に、多数派が当然で、常識で、普通であり、それ以外は不当で非常識で異常だと考えるような人が、今では「反社会的」とみなされる。

 ということは、友達を大勢作りなさい、と子供に教えることは、理屈からいえば間違っていることにならないだろうか? 友達がいない奴なんて寂しい人間だ、と軽蔑する目で見ることも、間違っている。ここをもう一度、確認しておきたい。

 また、多数派の人は、みんなが自分と同じように感じる、と決めつける傾向が強い。自分の子供も、自分と同じような人間だ、と思い込んでいる。自分と同じように感じることが嬉しい、同じように育ってほしい、と考えがちだ。もし自分と違っていたら、腹が立ってしまうだろう。自分と異なる考え方、感じ方をする人たちを尊重しなければならない、と理屈ではわかっていても、つい感情的に苛立ってしまうかもしれない。

 自分の子供たちが大人になったとき、恋愛をしたり、結婚したりするのは、当然異性だと思い込んでいる。また、早く孫の顔が見たい、と口にしてしまう。そういう自身の感情がごく自然のもので、悪いなんて考えもしない。それが今の社会では非常識であり、もっと酷い場合には犯罪にもなりかねない、と考えたことがあるだろうか?

次のページ自分と違う人を尊重するのが優しさ

KEYWORDS:

 

✴︎森博嗣 新刊『静かに生きて考える』発売忽ち重版!✴︎

 

 

森博嗣先生のBEST T!MES連載「静かに生きて考える」が書籍化され、2024年1月17日に発売決定。第1回〜第35回までの原稿(2022.4〜2023.9配信、現在非公開)に、新たに第36回〜第40回の非公開原稿が加わります。

 

 

 世の中はますます騒々しく、人々はいっそう浮き足立ってきた・・・そんなやかましい時代を、静かに生きるにはどうすればいいのか? 人生を幸せに生きるとはどういうことか?

 森博嗣先生が自身の日常を観察し、思索しつづけた極上のエッセィ。「書くこと・作ること・生きること」の本質を綴り、不可解な時代を見極める智恵を指南。他者と競わず戦わず、孤独と自由を楽しむヒントに溢れた書です。

 〈無駄だ、贅沢だ、というのなら、生きていること自体が無駄で贅沢な状況といえるだろう。人間は何故生きているのか、と問われれば、僕は「生きるのが趣味です」と答えるのが適切だと考えている。趣味は無駄で贅沢なものなのだから、辻褄が合っている。〉(第5回「五月が一番夏らしい季節」より)。

 

オススメ記事

森博嗣

もり ひろし

1957年愛知県生まれ。工学博士。某国立大学工学部建築学科で研究をするかたわら、1996年に『すべてがFになる』で第1回「メフィスト賞」を受賞し、衝撃の作家デビュー。怜悧で知的な作風で人気を博する。「S&Mシリーズ」「Vシリーズ」(ともに講談社文庫)などのミステリィのほか、「Wシリーズ」(講談社タイガ)や『スカイ・クロラ』(中公文庫)などのSF作品、また『The cream of the notes』シリーズ(講談社文庫)、『小説家という職業』(集英社新書)、『科学的とはどういう意味か』(新潮新書)、『孤独の価値』(幻冬舎新書)、『道なき未知』(小社刊)などのエッセィを多数刊行している。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

静かに生きて考える
静かに生きて考える
  • 森博嗣
  • 2024.01.17
何故エリーズは語らなかったのか? Why didn’t Elise speak? (講談社タイガ)
何故エリーズは語らなかったのか? Why didn’t Elise speak? (講談社タイガ)
  • 森 博嗣
  • 2024.04.12
道なき未知 (ワニ文庫)
道なき未知 (ワニ文庫)
  • 博嗣, 森
  • 2019.04.22