パーティーや会食など、 フォーマルな場でも大活躍のワインですが 、 特にクリスマスや年末年始の時期にはシャンパンやワインを楽しむ機会が増えます 。 人目の多いところだと 、 ワインについてのマナーが気になるところ 。 そこで 、 ワイン好きでも間違えがちなワインマナーや扱い方についてワイン保管のプロ 『 寺田倉庫 』 の一流ソムリエ安田海 さんに紹介していただきます 。

■デート相手の食事マナーが気になる女性は約 9 割!

 「デート相手の食事マナーが気になるか 」についての調査によるとは男性の6割、女性の9割が「はい」と回答し、男性よりも女性のほうがデートの際に異性のテーブルマナーを気にしている ことが分かりました 。また、女性が男性と食事した際にテーブルマナーを知っていても「ナイフとフォークの扱い方」や「パンの食べ方のきれいさ」など基本的なテーブルマナーをぎこちなくこなすことが大切です。そのため、最低限のテーブルマナーだけでなくさらに 一歩進んだマナーを身に着けることによって相手に好印象を与えることができます 。

■ワイン好きでも意外と知らない?!間違えやすいワインの NG マナー 6 選

【レストラン編】

 堅苦しく考えず楽しく飲むのが一番ですが、高級レストランでは、ワインを飲む際にもマナーは必要です。ワイン好きでも意外と間違えやすいレストランでのワインマナーをご紹介します。

 

✖ 乾杯の際に音を立ててワイングラスをあわせる

 ビールジョッキでの乾杯は、相手のグラスに自分のビールが入ってしまうくらい強く乾杯することで、毒が入っていないことを証明していたという歴史があります 。 日本では、お酒を飲む席ではまずビールで乾杯することが多く、ジョッキやグラス、缶を盛大にぶつけて乾杯することが当たり前のように行われてきました 。
 しかし、それと同じ強さでワイングラスをぶつけてしまうと、薄くて繊細なつくりのガラスは割れてしまいます。特に高級レストランのワイングラスは高級なものが多いため、音を立てて合わせることはせず、目の高さにグラスを持ち上げ、相手の目を見てスマートな乾杯 を心がけましょう 。

 

✖ 注いでもらうときにグラスを持ち上げる

 ワインはグラス越しの手のぬくもりで、味や香りが変わってしまうほどとても繊細な飲み物 。 そのため、グラスは手に持たず、テーブルに置いたまま にしましょう。その際、グラスを持ち上げず、テーブルの上を滑らせるように注ぎやすい場所に移動させるが紳士の嗜みです 。

 

✖ スワリングの際グラスを時計回りに回す

 ワイングラスを回転させる「スワリング」をすることで、香りを確認するだけでなく、空気に触れさせてワインが持つ潜在的なアロマを引きだし風味を増すことができます。グラスを回転させる際、ワインがこぼれた時に、周囲の人にかかってしまうことを防ぐため、自分に向けて回す のがスマートなテーブルマナーです。右利きの人は反時計回り、左利きの人は時計回りに回すのがいいでしょう 。
 また、スワリングは最初の一口を味わう前に1 回だけ行えばOK 。
「回すほどおいしくなる」というわけではないので気をつけましょう 。

 

✖ 口を拭かずにワインを飲む

 食事中に口を拭かずにワインを飲んでしまうと、料理の香りがワイングラスに移ってしまい、せっかくの ワインの香りが台無しになってしまいます 。ワインの香りをしっかり楽しみたいときには、必ず口を拭いてからグラスに口を 付けるよう にしましょう。
 グラスに口紅がついてしまった場合は、自分の指でグラスの口紅を拭った後にナフキンで指を拭うのがマナーです。

次のページ 【保管編】