【“チコちゃん”と共演した 奥田昌子さんが教えてくれた『長寿になる和食道』】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

“チコちゃん”と共演した 奥田昌子さんが教えてくれた『長寿になる和食道』

食の歴史から健康と食の教訓を見直す

病気のかかりやすさは

生活習慣によって

かなりの部分が決まる。

今の時代にこそ、歴史に埋もれた

健康と食の教訓を見直すことで

多くのヒントを得られるはずです

■和食こそ日本人の健康食

 厚生労働省の統計によると、2018年の日本人の平均寿命は女性が約87歳、男性が約81歳で、男女とも年々過去最高を更新しています。

 けれども、60~70年前に感染症の治療薬が相次いで発見されるまでは、日本でもマラリア、赤痢、天然痘、インフルエンザ、結核などにより数千人から数万人、ときには数十万人が亡くなる惨事が頻繁に起きていました。

 何とか病気を封じ込めようと昔の人は知恵をしぼりましたが、荒れ狂う疫病の猛威の前には、大仏を造る、改元する、陰陽師を呼ぶ、ウグイスの黒焼きやヘチマの皮を食べるなどの「医療もどき」はあまりにも無力でした。

 だからといって、昔の人が劣っていたかのように考えるのは間違いです。これらの一見非科学的で遅れた治療法にもそれなりの「根拠」と「実績」があり、当時は最先端の「科学」でした。医療技術に限界があるなかで、人は死力を尽くして病気と闘ってきたのです。

 これと相前後して健康によい食事の追求が始まります。食を通じた養生、食養生です。和食ははじめから健康によかったわけではなく、日本人は長い歳月をかけて和食を改善し、日常の食事を健康食に作り変えてきました。

 

■江戸時代に“食養生”が発展

 食養生が飛躍的に発展したのは、社会と生活が安定した江戸時代です。食べて健康を作るという思想は世界各地で見られますが、日本の食養生にはきわだった特徴がありました。そのひとつが「日本人のための健康法」という視点です。指南書『養生訓』で知られる貝原益軒(かいばらえきけん)は「日本人は大陸の人とくらべて胃腸が弱いので、肉は一食につき一切れ食べれば十分だ」と書いています。

 大陸の人、現代でいうと中国の人と日本人の体質には共通点もあるものの、異なる点も目につきます。日本人は脂肪とタンパク質を消化する酵素の量が少ないため、中国の人と同じように肉を食べると、胃もたれ、便秘、下痢、さらに最近増えている逆流性食道炎を招きやすいとされています。昔の人は注意深い観察を通じて、体質の違いに気づいていたのでしょう。

 薬の効きかたも異なり、同じ薬を同じ量飲んでも、日本人は効き目が強く表れる傾向があります。そのため、漢方医療は大陸から日本に伝わったのち、日本人の体質に合わせて生薬の量や利用法が大きく変化しました。鍼(はり)治療で使う鍼も、中国のものとくらべて日本の鍼は細くて短いそうです。

次のページ「腹八分目」こそ“食養生”の鍵

KEYWORDS:

『日本人の病気と食の歴史』

著者/奥田 昌子

 

本書を読むだけで健康になる! 長生きできる習慣と秘訣が身につく!

「日本人の体質」を科学的に説き、「正しい健康法」を提唱している奥田昌子医師。メディア出演で人気に!今もっとも注目される内科医にして著述家である。

 日本人誕生から今日までの「食と生活と病気」の歴史を振り返り、日本人の体質に合った正しい「食と健康の奥義」を解き明かす。壮大な「食と健康」の歴史を学べる教養大河ロマンでもある。

◆なぜ日本人は長寿になったのか」

◆日本人はどんな病気になり、何を食べてきたか

◆けっして忘れてはならない「養生の知恵」とは

日本人の体質、病気、食べ物、食事法、習慣、気候、風土……

日本人を長寿にした「和食道」1万年の旅

「医学が進歩するにつれて明らかになったのは、病気を遠ざけ、長寿を楽しむには、薬を飲んだり、手術を受けたりするだけではとうてい足りないということでした。

 食生活や心のありようを含む生活習慣を正さない限り、病気の根は残ります。

 なぜでしょうか。

 それは、体質や病気のかかりやすさは、生活習慣によってかなりの部分が決まるからです。食生活次第で体は良いほうにも悪いほうにも変わります。食べものをうまく選び、生活習慣を整えるのが大切なのはそのためです。健康に良いイメージのある和食も、はじめから健康に良かったわけではないのです。

 日本人は自分たちの体で効果を確かめながら、長い歳月をかけて和食をより良いものにしてきました。体と食のかかわり合いの歴史を調べることで、私たちは多くのことを学べるはずです。

 私は医師として、日本人の体質を踏まえた予防医療を考えてきました。その立場から、日本人の病気と食の歴史をたどり、忘れてはならない教訓や、今の時代に生かすべきヒントを引き出したのが本書です。————「はじめに」より抜粋

《目次》

第1章医術もまじないも「科学」だった~縄文時代から平安時代まで

第2章食べて健康になる思想の広がり~鎌倉時代から安土桃山時代まで1

第3章天下取りの鍵は健康長寿~鎌倉時代から安土桃山時代まで2

第4章太平の世に食養生が花開く~江戸時代

第5章和食を科学する時代が始まった~明治時代、大正時代

第6章和食の〝改善〟が新しい病気をもたらした~昭和時代から現代まで

オススメ記事

奥田 昌子

内科医、著述家

京都大学大学院医学研究科修了。内科医。京都大学博士(医学)。愛知県出身。博士課程にて基礎研究に従事。生命とは何か、健康とは何かを考えるなかで予防医学の理念にひかれ、健診ならびに人間ドック実施機関で20万人以上の診察にあたる。人間ドック認定医。著書に『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』(講談社)、『内臓脂肪を最速で落とす』(幻冬舎)、『実はこんなに間違っていた! 日本人の健康法』(大和書房)などがある。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

日本人の病気と食の歴史 (ベスト新書)
日本人の病気と食の歴史 (ベスト新書)
  • 奥田 昌子
  • 2019.10.17